2008年07月07日

56年ぶり、陸上女子100m五輪代表に福島千里

56年ぶり、陸上女子100m五輪代表に福島千里7月6日20時25分配信 読売新聞


南部忠平記念大会の女子100mで優勝し、北京五輪代表に選ばれた福島千里

 日本陸連は6日、北京五輪女子百メートル代表に、福島千里 (ふくしまちさと)選手(20)(北海道ハイテクAC)を選んだと発表した。

 同種目で日本選手が五輪代表となるのは、1952年ヘルシンキ大会の吉川綾子以来、56年ぶり。
 福島は6日の南部記念(北海道函館市)の同種目で優勝。4月の織田記念で北京五輪参加標準記録B(11秒42)を突破する11秒36の日本タイ記録を樹立、6月の日本選手権も制した急成長ぶりが評価された。

 報道陣から代表入りを伝えられた福島は「私がですか。本当に? びっくりしました」と大きな瞳を輝かせた。


posted by エリコ at 06:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | オリンピック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。