2008年08月01日

桐生第一高、甲子園出場へ=高野連、1日に判断−野球部員逮捕

桐生第一高、甲子園出場へ=高野連、1日に判断−野球部員逮捕7月31日19時31分配信 時事通信


 全国高校野球選手権大会(甲子園球場)に群馬県代表として出場が決まっていた私立桐生第一高校の2年生野球部員1人が強制わいせつ容疑で群馬県警太田署に逮捕された問題で、日本高校野球連盟の西岡宏堂審議委員長は31日、出場を直ちに差し止める必要はない、との判断を示した。

1日の全国理事会で最終的な措置を決めるが、同校も出場を希望しており、認められる方向だ。

 同委員長は「行為は重いが、事件に関与したのは部員1人。最近、同様の例で対外試合を差し止めたことはない」と話した。

野球部員の強制わいせつ事件は一昨年に兵庫、栃木、富山3県であったが、対外試合禁止処分にはなっていない。

 桐生第一の高橋昇校長は同日夕、学校で記者会見し「参加させていただけるならありがたい」と語った上で、日本高野連の判断に従う考えを示した。

同校はこれに先立ち、野球部責任教諭が日本高野連を訪れ、事件を報告。

教諭は「現在分かっている範囲の報告をした。選手は動揺している。」と話した。

 桐生第一は昨年まで春夏の甲子園大会に11度出場し、1999年夏に全国優勝している。 


posted by エリコ at 08:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 選抜高校野球
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。