2009年03月24日

日本、WBC連覇=韓国振り切り、再び頂点

日本、WBC連覇=韓国振り切り、再び頂点
2009年3月24日(火)15時55分配信 時事通信

 【ロサンゼルス23日時事】野球の国・地域別対抗戦、第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBCは23日、当地で決勝を行い、日本が延長戦の末に韓国を5−3で退け、2006年の第1回大会に続く連覇を達成した。今大会5度目となったライバル対決を制し、対戦成績も3勝2敗と勝ち越した。
 中島裕之内野手(西武)の適時打などで優位に進めた日本は、9回2死からダルビッシュ有投手(日本ハム)が同点打を許したが、延長10回2死からイチロー外野手(マリナーズ)が決勝の2点適時打を放ち、粘る韓国を振り切った。
 大会の最優秀選手(MVP)には、3勝を挙げた松坂大輔投手(レッドソックス)が前回に続いて選ばれた。
 日本は昨年の北京五輪で3強のチームに一度も勝てず、4位と惨敗。今回は原辰徳監督の下、結束を強めて栄冠にたどり着き、再び日本野球の実力の高さを実証した。同五輪に続く優勝を目指した韓国は大会初制覇に届かなかった。
 次回のWBCは13年に開催される予定。 



posted by エリコ at 18:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | WBC(野球)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。