2009年03月25日

WBC連覇 日本を元気づける世界一だ

WBC連覇 日本を元気づける世界一だ
2009年3月25日(水)1時50分配信 読売新聞
-
 再び世界の頂点を極めた。サムライジャパン、見事な連覇である。

 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の決勝で、日本は韓国を延長戦の末に破り、第1回大会に続く優勝を果たした。

 連覇を期待され、それにこたえた。重圧をはね返し、実力を十分に発揮した代表選手たちに拍手を送りたい。

 原辰徳監督は決勝戦の後、「皆さんと喜びを分かち合えてよかった」と語った。その言葉通り、日本チームの活躍に元気をもらった人も多いことだろう。

 5日に東京ラウンドが開幕して以来、今大会は高い関心を集めた。テレビの視聴率は好調だった。家電売り場の画面の前に人垣ができた。電車内などでテレビ機能付き携帯電話に見入る人もいた。

 野球の世界一を決める祭典として、WBCは日本のファンにすっかり定着したようだ。

 日本と韓国が決勝まで勝ち上がり、アジアの野球が高い水準にあることを示した。決勝の緊迫した試合展開は、野球の醍醐(だいご)味を改めて実感させてくれた。

 日本は準決勝で米国を下した。原監督は「これで米国を追い越したとは思っていない」とコメントした。米国がベストメンバーとはいえない編成だったことなどを考えれば、その通りだろう。

 ただ、日本の野球も確実に進化していることが、安定した投手力、つながりのある打線などに表れていたのではないだろうか。

 日本チームの戦いぶりを見て、「いつかは自分もあのグラウンドに立ちたい」と思った選手も多いはずだ。日本代表に入ろうと頑張る。それが、国内のプロ野球や社会人、大学、高校野球などのさらなるレベルアップにつながる。

 欧州勢の技術が向上していることを印象付ける大会でもあった。特に、オランダは優勝候補とされたドミニカ共和国などを退け、2次ラウンドに進出した。

 自国チームが強くなれば、欧州での関心も高まるだろう。野球が五輪競技として復活するためにも一層の国際化は欠かせない。

 日本と韓国は、今大会で5回も対戦した。東京ラウンドを突破した両国が、2次ラウンドでも同じグループに入るシステムだったことが主な要因だ。対戦相手の偏りをどう防ぐかが、次回大会の課題となるだろう。

 日本のプロ野球は4月3日に開幕する。野球の面白さを満喫させてくれたWBCに負けないプレーでファンを楽しませてほしい。

WBC連覇 岩隈、抜群の制球力 投手陣結束固く3月24日23時36分配信 毎日新聞

 2大会連続でMVPに輝いた松坂は、周囲の祝福に苦笑いを浮かべた。そして決勝の大舞台で八回途中まで2失点に封じた岩隈の元に自分から歩み寄った。「内容は岩隈君と比べものにならない。MVPは岩隈君と思っていたし、悪いなと思った」。メジャー2年で33勝を挙げている松坂がそうたたえるほど、岩隈は韓国との頂上対決で圧巻のピッチングを見せた。

【写真特集と詳報】イチローが決めた! 5度目の韓国との死闘

 「(韓国打線は)真っすぐに強いので、真っすぐに絞らせないようにした」という岩隈は、190センチ、77キロと細身の体をしならせ、カーブ、スライダーを低めに集めた。4回2死まではパーフェクトな内容。秋信守のソロなどで2点を失ったが、制球力の良さが、100球という球数制限にもかかわらず、八回途中まで投げることを可能にした。

 1点リードの九回からは3本柱のもう一人、ダルビッシュが抑えとして登板。連続四球でピンチを広げて同点左前適時打を許したが、十回表に味方打線が2点を勝ち越したその裏を無失点で切り抜けると、マウンド上で歓喜の叫び声を上げた。ダルビッシュは「本来は僕がいる場所じゃないが、球児さんが心の持ち方をアドバイスしてくれた」と、守護神としての役割を奪われた藤川に対する気遣いを忘れていなかった。

 連覇の原動力となったチーム防御率1.71を誇る投手陣は、短期決戦を勝ち抜く上で欠かせない結束力でも、世界の頂点に立っていた。【高橋秀明】


WBC連覇 最後はイチロー 苦悩の天才、仲間に感謝3月24日16時16分配信 毎日新聞

 【ロサンゼルス高橋秀明】23日(日本時間24日)に行われた、野球の世界一を決める第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)決勝。日本はライバル韓国との今大会5回目の対決を制し、第1回大会に続く優勝を果たした。

 延長戦までもつれ込む熱戦にケリをつけたのは、やはりこの男。前回大会でも日本の中心として活躍したイチロー外野手(35)=マリナーズ=だった。延長十回、決勝点を挙げる2点適時打を放った。

 今大会、イチローは不振に苦しんだ。2次ラウンドまで33打数7安打、打率2割1分2厘。体脂肪率6〜7%を維持してきた徹底した自己管理、「心の力は入れっぱなし」というWBC日本代表への思いにもかかわらず、ボールをバットの芯から外すことが続いた。今年36歳になる肉体の衰えなのか、注目を一身に集める重圧からくるフォームの微妙な狂いなのか。準決勝進出をかけた18日のキューバ戦では2打席凡退の後、3打席目でバントも失敗した。

 さすがに「心がほぼ折れかけていた」というイチロー。しかしチームは五輪優勝3回のキューバに5−0で完勝した。イチローは3年前、2次ラウンドの米国戦で先頭打者本塁打を放ち、韓国戦でも闘争心をむき出しにしてチームを鼓舞したが、今回の日本代表は、そんな必要がないほど進化していた。22日に対米国戦WBC初勝利を挙げた夜も「意識が高い選手が集まっているわけだから」と特別な感慨がわいてこず、戸惑ったほどだった。

 「支えてくれているのはみんなだっていうことは、分かっていた。支えてくれてありがとう。チームメートがつないでくれるっていうのは、すてきですね」とチームメートに感謝していたイチロー。

 最後の最後に放った、日本の連覇を決めた決勝打は、そんなチームメートたちに対する恩返しだった



posted by エリコ at 05:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | WBC(野球)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。