2009年06月18日

日本、ケーヒルに2点を奪われて逆転負け オーストラリア戦=サッカー日本代表

日本、ケーヒルに2点を奪われて逆転負け オーストラリア戦=サッカー日本代表6月17日21時13分配信 スポーツナビ

 サッカー日本代表は17日、2010年ワールドカップ(W杯)アジア最終予選最終戦、アウエーのオーストラリア戦に臨み、闘莉王のゴールで先制するも後半に2失点を喫し、オーストラリアに逆転負けした。

 日本は前半、松井のドリブル突破や細かいパス回しで攻撃を試みるが、オーストラリアの堅い守備に阻まれてチャンスを作ることができない。しかし、日本は前半終了間際にCKから闘莉王がヘディングシュートを決めて先制に成功。前半を1−0とリードして終了する。
 後半に入ると、オーストラリアが猛攻を仕掛け、59分にケーヒルがサイドからのロングボールを頭で合わせて試合を振り出しに戻す。追い付かれた日本は矢野を投入して勝ち越しを狙うが、逆にセットプレーからケーヒルに2点目を奪われて逆転を許す。日本は終盤、興梠を投入してオーストラリアゴールに迫るが、最後まで同点ゴールを挙げられず。オーストラリアに1−2で敗れた日本は、W杯アジア最終予選のグループ首位通過を逃した。

<日本代表メンバー>
GK:1 楢崎正剛(Cap)
DF:4 田中マルクス闘莉王、6 内田篤人、15 長友佑都
MF:2 阿部勇樹、7 橋本英郎→13 興梠慎三(後半39分)、8 今野泰幸、10 松井大輔→12 矢野貴章(後半23分)、14 中村憲剛
FW:9 岡崎慎司、11 玉田圭司

サブ:16 川島永嗣、18 都築龍太、3 駒野友一、5 山口智、17 槙野智章


タグ:サッカー
posted by エリコ at 03:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー・岡田ジャパン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。