2009年11月05日

松井秀、初の世界一!先制弾&6打点の大爆発!

松井秀、初の世界一!先制弾&6打点の大爆発!11月5日13時51分配信 サンケイスポーツ

2回に先制の2ランを放ったヤンキース・松井秀=ヤンキースタジアム()

 米大リーグ、ワールドシリーズ第6戦が4日(日本時間5日)行われ、ヤンキースが7−3でフィリーズを下し、対戦成績4勝2敗で9年ぶり27度目の世界一に輝いた。「

5番・指名打者」で先発出場したヤンキースの松井秀喜外野手(35)は、先制2ランを含む3安打6打点の活躍で、チームを勝利に導いた。さらに松井秀は今シリーズのMVPを獲得した。

 松井秀は注目の第1打席、二回無死一塁からカウント2−3からの7球目を叩くと、打球は高々と舞い上がり右翼席へ飛び込む特大の先制2ラン。松井秀はこれで今シリーズ3本目のホームランとなった。

 三回の第2打席は、1−2と1点差に迫られた場面で二死満塁の好機。松井秀はここでカウント2−0と追い込まれながら中前に弾き返す2点適時打を放ち、この試合早くも4打点。

 五回の第3打席は、5−1とリードを広げ一死一、二塁とまたも走者を置いた場面。フィリーズはここで3番手の左腕・ハップを登板させた。観客総立ちの中、松井秀は1−3からの5球目を叩くと打球はあわや本塁打かという右中間フェンス直撃の2点二塁打となった。これでこの日6打点、松井秀には観客の「MVP」コールが送られた。

 第4打席は7−3と4点のリードに変わっての七回、一死一塁の場面。松井秀は外角低めのスライダーに手を出して空振り三振に倒れた。松井秀はこの日初めての凡退となった。

 試合は、八回一死からヤンキース守護神のリベラが登板、フィリーズの反撃を1安打に抑え、4点のリードを守り切った。ヤンキースは9年ぶり27度目のワールドシリーズ制覇。松井秀はヤンキース移籍7年目にして初の世界一の座とともに日本人初のワールドシリーズMVPを手にした。

松井秀喜 - Wikipedia
Sports@nifty 速報 -大リーグ-
松井秀喜 - Yahoo!ニュース


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。