2010年02月16日

<五輪フィギュア>川口組メダル逃し4位 優勝は申雪組

<五輪フィギュア>川口組メダル逃し4位 優勝は申雪組(毎日新聞) 2/16 14:01

 バンクーバー冬季五輪第4日の15日(日本時間16日)、フィギュアスケート・ペアのフリーが行われ、ショートプログラム(SP)3位のロシア代表の川口悠子、アレクサンドル・スミルノフ組は120.61点、計194.77点で4位で、メダルを逃した。

 ロシア勢がペアで金メダルを逃したのは、旧ソ連時代の1960年スコーバレー大会以来、13大会ぶり。

 2大会連続銅メダルでSP首位の申雪、趙宏博組(中国)がフリー139.91点、計216.57点で初優勝。SP4位の※清、▲健組(中国)がフリー141.81点、計213.31点で2位に入った。

 ○…フィギュアスケート・ペアでロシア勢の五輪13連覇(旧ソ連時代を含む)に挑んだ日本出身の川口、スミルノフ組は、スロー3回転ループで転倒するなどミスが目立ち、得点を伸ばせなかった。昨年ロシア国籍を取得してロシア代表として初の五輪に挑んだ川口は、転倒した際に肩を強打したが、その後も懸命に演技を続けた。得点を待つ間は視線を落とし、悔しさを押し殺していた。


最後まで戦った川口=王国の伝統、懸命に背負う〔五輪・フィギュア〕(時事通信) 2/16 14:10 コメント数:50件

 パスポートを変えてまで立とうとした五輪の舞台で、川口は最後まで戦った。
小差のSP3位で迎えたフリー。ワルツを氷上に広げた。1964年インスブルック五輪から続いたロシアペアの連覇は12で止まり、メダルにも届かなかったが、懸命にペア王国の伝統を守ろうとした。
 ジュニア時代はシングルの選手だった。華の種目をあきらめたというよりも、ペアにあこがれた。98年長野五輪で見たペアの天才、エレーナ・ベレズナヤになりたい。彼女のコーチだったタマラ・モスクビナに教えてもらおう−。行動は早かった。
 ファクスで指導を懇願し、ペアの世界では指折りの名コーチであるモスクビナの合宿に参加した。コーチが米国からロシアに移れば、自分も引っ越した。「もう、本当のお母さんと同じ存在」というほどの厚い信頼関係で結ばれている。
 ペアの醍醐味(だいごみ)を語りだすと、途端に無邪気な顔になる。「性格や(考えや動きの)タイミングが違うのを合わせて一人の人間に見えた時が一番美しい」。伝統のロシアではペアの子は最初からペア。川口は高校3年で転向した。「シングルで勝手にやっていたから、今でもそれが邪魔する」と葛藤(かっとう)しながら、完ぺきを目指してきた。
 日本はペア不毛の国だ。五輪出場は地元開催の長野大会が最後で、全日本選手権も近年は1組のみの出場か、実施されていない。他国で探るしかなかった道を切り開こうとした、強い日本女性の姿があった。(バンクーバー時事)

オリンピック

バンクーバー五輪 ? Sports@nifty ?
Yahoo!スポーツ - バンクーバーオリンピック
JOC - バンクーバー2010
NHKバンクーバーオリンピック
オリンピックホームページ
バンクーバーオリンピック:2010asahi.com(朝日新聞社)
日本オリンピック委員会 (JOC)ホームページ



posted by エリコ at 15:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | オリンピック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。