2010年02月19日

<五輪スノーボード>国母は8位 トリノの雪辱、プロの本音

<五輪スノーボード>国母は8位 トリノの雪辱、プロの本音(毎日新聞) 2/18 20:59

【スノボHP決勝】1回目の転倒でできた傷をゴーグルに映して確認しようとする国母と、その顔を見て笑い出す青野

 服装問題に揺れ続けた、国母のバンクーバー五輪が終わった。

 2回目の演技が終わり、表彰台に手が届かないことが決まると、国母はヘルメットとゴーグルを宙に放り上げ、悔しさをあらわにした。

1回目に転倒して顔面を強打し、口の周りから出血した。それもあって競技終了後、報道陣の問いかけの最中に口に含んでいた水を、何度も吐き出す場面もあった。

 感情の表現方法は器用ではない。それでも周囲の関係者には、以前にはうかがい知れなかった素顔を見せるようになった。

 騒ぎが大きくなってからのこと。国母は、萩原文和監督の部屋を一人で訪れ、「すみませんでした」と言葉にした。萩原監督は「今回初めて長い時間、話をした。それで彼に対する考え方が変わってきた。しっかり聞けば、きちんと気持ちを伝えてくる。本当は素直なんだ」。

 また、この日、スタンドで国母の姿を見守った母由香里さん(44)のもとには「反省している。申し訳ないことをした」という内容のメールが届いたという。由香里さんは「ご迷惑をおかけして、親としておわびしたい。きちんと指導したい」と話した。

 国母の五輪出場にゴーサインを出した日本代表選手団の橋本聖子団長は「照れ屋で、自分が思っていることと表現がかみ合わなかったりする面はある。でも国母からは内に秘めたアスリート魂を感じている。これからは、内に秘めた人間性というか、素直さを表現できるようになってほしい」と期待する。

 国母はプロ選手。中学時から賞金大会に出場、映像ソフトの収入もある。日本オリンピック委員会の強化指定も辞退した国母は五輪について「大きな大会の一つ。特別なものではない」と言い続けた。

 その国母が、秘めていた五輪に対する思いを初めて口にした。06年トリノ五輪では予選で敗退。「4年前の悔しさは晴らせたか」と問われると「はい」と答え、「この後に続く本当のスノーボーダーが五輪を目指してくんなきゃ、おれがまた出るつもりでいます」。さまざまな重圧から解放され、ふと本音が漏れた。そして21歳の青年は、こうも付け加えた。「自分のスタイルを出せた。いろいろあったけど応援してくれた人には感謝している」【金子淳、栗林創造】

国母選手、応援に感謝=橋本団長は「判断に間違いなし」〔五輪・スノーボード〕
国母、メダルに届かず=決勝で大技、痛恨の失敗ハーフパイプ〔五輪・ハイライト〕(
スノボHP、青野が決勝進出…国母は2組で登場
取材NGの国母、雪上では生き生き笑顔、国母寝過ぎ?「体が動かないっす」
国母の応援会中止=東海大〔五輪〕(
ピアスも消えた…スノボ国母が謝罪会見
国母が謝罪、五輪出場へ=橋本団長、「責任全うを」と決断〔五輪・スノーボード〕

スノーボード 国母

スノーボード - Yahoo!ニュース

國母和宏

1. 国母 和宏 / Kazuhiro Kokubo-アスリート情報 ...
2. 真七人侍ワックス 国母 和宏 -BRIKO JAPAN OFFICIAL ...
3. 國母和宏 - Wikipedia
4. JOC - トリノ2006 日本代表選手団:スキー・スノーボード
5. 【国母選手服装問題】「問題だ」「大事なのは成績」 各国メディア、意見二分 ...



高橋大輔「4回転を成功させたい」=フィギュア男子SP選手コメント
高橋、SP3位発進!織田が4位 フィギュア

オリンピック

バンクーバー五輪 ? Sports@nifty ?
Yahoo!スポーツ - バンクーバーオリンピック
JOC - バンクーバー2010
NHKバンクーバーオリンピック
オリンピックホームページ
バンクーバーオリンピック:2010asahi.com(朝日新聞社)
日本オリンピック委員会 (JOC)ホームページ


バンクーバーオリンピック(2010.2/13〜)

★★★

<藤田まことさん死去>村上弘明「師匠であり、先生だった」「必殺仕事人」の政役で共演


posted by エリコ at 03:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | オリンピック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。