2010年02月25日

<バンクーバー五輪>真央、ヨナの舞 フィギュア女子SP視聴率最高32.6%、占拠率47.9%

<バンクーバー五輪>真央、ヨナの舞 フィギュア女子SP視聴率最高32.6%、占拠率47.9%2月25日10時3分配信 まんたんウェブ

【フィギュア女子SP】演技を終えた浅田真央選手。SPで今季自己最高の73.78点で2位につけた

 バンクーバー冬季五輪第12日の23日(日本時間24日)、日本の浅田真央選手(19)=中京大=らが出場したフィギュアスケート女子のショートプログラム(SP)を中継したフジテレビの視聴率が平均18.3%、最高32.6%だったことが25日、ビデオリサーチの調べ(いずれも関東地区)で分かった。占拠率は47.9%だった。 

 競技は、浅田選手が五輪のSPでは女子初となるトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を成功。フリーを含めても、92年アルベールビル五輪銀メダルの伊藤みどり選手以来2人目の快挙を達成し、自己ベスト(75.84点)に迫る73.78点を記録した。直後に演技した金妍児(キムヨナ)選手(19)=韓国=が連続3回転ジャンプなどを決め、自らの歴代女子世界最高得点(76.28点)を更新する78.50点をマークし、トップに立った。最高視聴率を記録したのは午後1時6分で、金妍児選手の演技が終わった瞬間だった。

 安藤美姫選手(22)=トヨタ自動車=は64.76点で4位。五輪初舞台の鈴木明子(24)=邦和スポーツランド=は61.02点で11位となった。ジョアニー・ロシェット選手(24)=カナダ=は71.36点で3位だった。女子フリーは、25日(日本時間26日)に行われる。【毎日新聞デジタル】

安藤、自己の挑戦に誇り=「すっきりした」SP浅田SP2位、金妍児トップ=安藤は4位につける〔五輪・フィギュア〕


posted by エリコ at 13:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 視聴率
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。