2010年02月26日

真央、銀メダルに号泣「悔しいです」/フィギュア

真央、銀メダルに号泣「悔しいです」/フィギュア2月26日14時4分配信 サンケイスポーツ

フィギュアスケート女子フリー 演技を終えてうなだれる浅田真央

 バンクーバー冬季五輪フィギュアスケートで注目の女子は25日(日本時間26日)、フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の金妍児(19)=キム・ヨナ、韓国=が金メダル。浅田真央(19)=中京大=は銀メダルだった。真央は演技後、「4分間のスケートがあっという間に終わってしまいました。自分の出来ることは全て出来たけど、悔しいです」と涙ながらにコメントした。

 真央はフリーの演技について「トリプルアクセルを2回飛べたのは良かったと思います。良かったのはそれだけです。ミスがあったので、納得してないです」と涙をこぼしながら振り返った。

 真央はこの日のフリーでは、今季を通じ身につけている赤と黒の衣装で登場。ラフマニノフ「鐘」に乗り、カギとなるトリプルアクセルを冒頭で完璧に決めた。続くトリプルアクセル−ダブルトーループの連続ジャンプにも成功したが、その後ジャンプを跳べない場面もあり、フリーでも完璧な演技を見せたSP首位のヨナを逆転することはできなかった。

五輪フィギュア 浅田が銀メダル、安藤5位 ヨナ優勝(毎日新聞) 2/26 13:55

 【バンクーバー来住哲司】バンクーバー冬季五輪第14日の25日(日本時間26日)、フィギュアスケート女子のフリーが行われ、浅田真央(19)=中京大=が合計205.50点で銀メダルを獲得した。浅田は五輪ショートプログラム(SP)史上初のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)で2位につけていたが、フリーでは2度のトリプルアクセルに成功したものの、3回転ジャンプが乱れた。SPで首位に立った金妍児(キム・ヨナ)(19)=韓国=は歴代女子世界最高の228.56点で金メダルを手にした。

 SP3位のジョアニー・ロシェット(24)=カナダ=は202.64点で3位、同4位の安藤美姫(22)=トヨタ自動車=は188.86点で5位、同11位の鈴木明子(24)=邦和スポーツランド=は181.44点で8位。日本勢のメダルは、スピードスケート男子五百メートル2位の長島圭一郎(27)、3位の加藤条治(25)、フィギュアスケート男子3位の高橋大輔(23)に続き4個目。

浅田真央、最後の公式練習で完璧ジャンプ!フィギュア
キム・ヨナに賭けた人生「24時間」密着ママの献身
<バンクーバー五輪>真央、ヨナの舞 フィギュア女子SP視聴率最高32.6%、占拠率47.9%
安藤、自己の挑戦に誇り=「すっきりした」SP浅田SP2位、金妍児トップ=安藤は4位につける〔五輪・フィギュア〕


posted by エリコ at 16:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | オリンピック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。