2010年02月26日

快挙にも、悲しかった銀=勝つために跳んだ浅田〔五輪・フィギュア〕

快挙にも、悲しかった銀=勝つために跳んだ浅田〔五輪・フィギュア〕(時事通信) 2/26 18:04 コメント数:140件

 ショートプログラムで1度決めていたトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)をさらに2度成功させたのに、銀メダルだった。

浅田真央(中京大)は「やってきて良かったと思う」と言いながら泣いていた。女子で世界初の快挙。「誇りに思いたい」と言った顔は、むしろ悲しそうだった。

 譲れない大技だからこそ偉業に挑んだ。1本目はきれいに着氷し、降りた瞬間に少しぐらついた2本目も、耐えて2回転トーループへ。3発3中。それでも金メダルの金妍児(韓国)に遠く及ばなかった。「(トリプル)アクセルを三つ、しっかり認定されたのは充実していたかな」。思い知らされた現実を正面から直視するのは、まだつらかった。
 演技後半に珍しいミスをした。単発の3回転トーループを跳ぼうとしたら振り上げる足のかかとの刃が氷に引っ掛かり、思い切り跳べずに1回転になった。足にきていた。トリプルアクセルへの体力的、精神的な負担は否めなかった。
 今季序盤は極度の不振に陥り、懸命に復活を目指してきた。大技を三つ決めて取った銀メダルには価値があるのではないか−。心情を察したそんな問いかけにも、すぐに言葉は出てこない。ようやく涙声をのみ込むように「でも悔しいです。はい」と答えた。純粋に、勝ちたかった。
 五輪で宿敵に敗れた借りは、他の舞台では返せない。「この試合はもう終わってしまっている。このオリンピックという場所なので」。うまく気持ちを表せなかったが、かけがえのない地で勝てなかった悲しさは、伝わった。一つの大技より完成度の勝負だった。負担の大きいトリプルアクセルに精力を注いだ浅田が勝てる戦いではなかったのかもしれない。でも「すごく重たい」と感じた銀メダル。それを手にした戦いには、アスリートとして挑もうとした跡が、はっきりと刻まれた。 (バンクーバー時事)

五輪フィギュア ヨナ強し 家族の支えで金メダル、師の経験生かす=金と銀の差を知る金妍児、打ち鳴らそうとした「鐘」=浅田真央物語、完結
五輪フィギュア 浅田が銀メダル、安藤5位 ヨナ優勝
真央、銀メダルに号泣「悔しいです」/フィギュア

浅田真央、最後の公式練習で完璧ジャンプ!フィギュア
キム・ヨナに賭けた人生「24時間」密着ママの献身
<バンクーバー五輪>真央、ヨナの舞 フィギュア女子SP視聴率最高32.6%、占拠率47.9%
安藤、自己の挑戦に誇り=「すっきりした」SP浅田SP2位、金妍児トップ=安藤は4位につける〔五輪・フィギュア〕


タグ:浅田真央
posted by エリコ at 19:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | オリンピック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。