2010年03月02日

ソチ4年後 露、威信かけ 施設整備・選手強化、プーチン大号令

ソチ4年後 露、威信かけ 施設整備・選手強化、プーチン大号令
2010年3月2日(火)8時0分配信 産経新聞

 【モスクワ=佐藤貴生】バンクーバー五輪が閉幕したことで、4年後に冬季五輪を初めて開催するロシアでは、国の威信をかけた巨大プロジェクトが本格化する見通しだ。

プーチン首相の大号令の下、会場となる黒海沿岸の保養地ソチでは、すでに200を超える各種施設の建設が進んでいる。

しかし、急ピッチの建設強行に対し環境破壊を懸念する声が出ているほか、バンクーバー五輪で惨敗を喫した選手たちのレベル向上も課題だ。さまざまな関門が待ち受けるなか、“強いロシア”の再興を世界に示す首相の挑戦が始まる。 

 ■ゲルギエフ氏登場

 バンクーバー五輪の閉会式には著名な指揮者のゲルギエフ氏が登場し、モスクワの赤の広場に集結したオーケストラの演奏を現地から指揮、次期開催国ロシアのアピールに花を添えた。

 プーチン首相は2月中旬、ソチ五輪について「ゼロから始まったプロジェクトだ」と強調した。その言葉通り、ソチでは開会式が行われる多目的スポーツ施設(4万人収容)に加え、アイスホッケーやフィギュアスケートなど、1万人以上収容可能な競技場が少なくとも7つ、新たに建設される。水力発電所や病院に加え、周辺都市との間を結ぶ260キロの高速道路や100キロの鉄道も建設される。国の浮沈をかけた都市開発といってもいい。

 半面、鳥取県とほぼ同面積のソチに巨大施設を次々と建設する政府には、「シカやイノシシなどが冬の食物を得てきた土壌はもう破壊されている。『環境に優しい五輪』にはなり得ない」(環境保護団体WWF)との批判も出ている。

 プーチン氏は大統領だった2007年、グアテマラの国際オリンピック委員会(IOC)総会で自ら招致演説を行って五輪開催を呼び込んだ。モスクワのコンサルティング会社FBKのニコラエフ氏は、「政府は施設建設の総額を3140億ルーブル(約9400億円)と見積もっている。五輪の成功は最優先課題であり、資金が足りなくなればさらに支出するだけだ」と述べ、首相肝いりのプロジェクトだと強調した。

 ■復活困難の見方も

 プーチン首相に立ちはだかる、もう一つの問題が選手の育成だ。冬季五輪の金メダル獲得数で旧ソ連は常に1位か2位だったが、継承国ロシアは1998年の長野五輪で初めて3位に転落、バンクーバーでは11位まで下がった。首相は「誤算と失敗を真剣に分析し、準備を強化する必要がある」と危機感を示した。

 しかし、ソチでの復活は難しいとの見方が国内では大半だ。90年代の経済危機の折、有望な子供たちが競技から離れ、優れたコーチも海外に流出した。その代償が“地盤沈下”となって現れつつあるとみられる。

 閉会式までにはバンクーバー入りするとの憶測もあったメドベージェフ大統領は、最後まで姿を見せなかった。その上、1日には「(バンクーバー五輪の)準備をしてきた人々はすぐにも責任を果たすべきだ」と述べ、大敗を招いた政府高官らに辞任を迫った。政権の苦悩は思いのほか深刻だ。

【用語解説】ソチ

 黒海沿岸のリゾート地で人口約40万人。

気候は温暖で「ロシアのリビエラ」とも呼ばれる。

旧ソ連時代にはスターリンら共産党幹部が別荘を持ち、現在ではプーチン首相も保養に訪れる。

多くの温泉施設があり、年間の観光客数は200万人以上。

冬季五輪の招致レースでは2007年、最終選考でザルツブルク(オーストリア)、平昌(韓国)を破り初開催が決まった。

ソチ - Wikipedia

ソチオリンピック - Wikipedia
YouTube - ソチ五輪に巨大人工島を
ソチ 海外旅行 JTB
Isles of SOCHI 黒海に浮ぶソチの島々 / Information
ソチ とは

★★★

劇団ひとりと大沢あかねに第1子!「子役が仲間入り」
三原じゅん子が介護事業所を三鷹にオープン


posted by エリコ at 15:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | オリンピック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。