2010年05月25日

岡田監督が完敗で謝罪「申し訳ない」試合後には“進退伺”

岡田監督が完敗で謝罪「申し訳ない」試合後には“進退伺”5月24日22時12分配信 産経新聞

試合後うつむいた表情でグラウンドを一周する俊輔(中央)ら日本代表の選手たち=24日、埼玉スタジアム(写真:産経新聞)

 サッカー・キリンチャレンジ杯2010(24日、日本0−2韓国、埼玉スタジアム2002)日本代表は南アフリカW杯への壮行試合として韓国代表と対戦し、前半6分に先制点を決められるなど0−2で完敗。岡田武史監督は試合後、日本サッカー協会の犬飼会長に進退伺を出したことを明かした。

 試合後、岡田監督は「選手は全力で戦った。(2月の東アジア選手権に続く韓国戦敗戦に)一年に2回負けるのは申し訳ないと思ってる。結果を出せなかったことに責任を感じてる」と駆けつけた5万7000人の日本サポーターに謝罪した。

 試合を振り返り「先制されたが、チャンスは十分あると思っていた。(終了間際の)PKは余分だったが、もうちょっと崩せる形ができればと思った」とふがいのない内容に落胆の様子。簡単にボールを奪われ、攻めの形を全く作れない内容にも「もう前に進むしかない。我々のやり方を信じてこのまま続けたい」と言葉を振り絞った。

 また、会見では自ら「1年に2回も負けて申し訳ない。当然責任問題ということになる。会長には一応『(監督を)続けていいんですか』と尋ねたが、『やれ』ということなので。前に進むしかない」と事実上の“進退伺”を出したことを明かした。

1. スポーツナビ | サッカー

2. Yahoo!スポーツ - サッカー
3. スポニチ Sponichi Annex サッカー
4. 日本サッカー協会ホームページ
5. サッカー : nikkansports.com


タグ:サッカー
posted by エリコ at 06:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー・岡田ジャパン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。