2010年05月25日

「積み上げてきたものが消えてきている」中村俊輔=サッカー日本代表

「積み上げてきたものが消えてきている」中村俊輔=サッカー日本代表5月25日 2時37分配信(スポーツナビ)

 サッカー日本代表は24日、埼玉スタジアムでワールドカップ・南アフリカ大会前の国内最後の強化試合となる韓国戦に臨み、パク・チソンのゴールとパク・チュヨンのPKで0−2の敗北を喫した。
 以下は、試合後の中村俊輔(横浜FM)のコメント。

「今まで積み上げてきたものがちょっとずつ消えてきている。カウンターが怖いからといって、サイドハーフとサイドバックが連動して上がる今までのスタイルが全くなくなってしまった。1回、ハセ(長谷部)とおれがダイレクトでやったようなプレーが、前はポンポンってあったんだけど。監督が言ったことがすべてじゃなくて、そこらへんは臨機応変に。オランダ戦の時もそうだけど、回せるのが自分たちの強みだった。サイドの連動だったり、FWとの連動とか。それプラス、カウンターに気をつけるってのがテーマだったのに、サイドバックも上がらなかったし、結局(DF)4枚で回しているだけっていう。
 あとは1トップになったから、オカちゃん(岡崎)1人だから。2トップだと誰かが引いて誰かが裏とか、タマ(玉田)とかも引いてきてパス回しに参加したりしていたけど、できなくなってきている。出しどころがないから遅攻にならざるを得ない。なってもいいけど、今日の感じだと遅攻じゃ崩れない。(中盤で回す位置が低い?)向こうだってそうだけど、2トップがサイドバックの裏に出たりとかそういう動きがある。戦術は何が正解とかないけど、そこで(日本の)サイドバックとストッパーが引き付けられて、ルーズボールがボランチのところに落ちて2次攻撃されている感じ。
 基本的に向こうはスピードも技術もすべて上回っていた。これからもそういう相手とやるんだから、今までやってきたことをやらないと。(本田がトップ下に入ってまだ時間が足りない?)個人としてはあそこが一番やりやすいと思う。でもボールの回りは前よりポンポンっていうのが消えている。(どうしたら生かせるか?)メンバー発表の時は(本田が2トップの)前だった。岡ちゃんが後ろに下がって(相手の)ボランチのところで追い回す感じだったけど……。見ないでもボール回しができるように、誰かが受け取ったらサイドバックがオーバーラップし始めてとか、そういうのがね。前の良さが消え始めている

俊輔「最悪」エースはく奪危機/親善試合
2010年5月25日(火)10時0分配信 日刊スポーツ

<キリンチャレンジ杯:日本0−2韓国>◇24日◇埼玉

 MF中村俊輔(31=横浜)が本大会に向けて不安を露呈した。司令塔として右MFに入ったが、決定機をつくり出すどころか、攻撃の起点として機能しなかった。痛めていた左足が万全ではなく、プレー全体にキレがなかった。試合後には「今日の出来は論外。最悪です」と激しく落ち込んでいた。
 中村俊は精彩を欠いたまま、後半18分に交代を命じられた。岡田監督は「運動量が落ちたから」と説明したが、この日の中村俊は、明らかに攻撃のブレーキとなっていた。ピッチを出る際の表情には達成感のかけらもなく、うつむいたままベンチに戻った。
 動きにキレがなかった。後半11分、FW大久保からのロングパスをゴール前中央で受けた。シュートに持ち込もうと体を反転したが、ターンにスピードがなく、体のバランスを崩してしまい、相手DFにボールを奪われた。その2分後にはボールをキープできず、相手にカウンター攻撃のチャンスを与えてしまった。
 右サイドに大きく張り出して攻撃の起点になろうとした。しかし、出足の早い韓国の中盤に球際の強さを発揮され、DF長友やMF長谷部へのパスが通らない。得意の大きなサイドチェンジのパスを放つ機会もなく、ボールをもらいに来たMF本田やFW岡崎とも呼吸が合わない場面があった。
 試合後は、ぼうぜんとしたような表情でプレーを振り返るしかなかった。「今日の出来は論外。最悪です」と言ってうつむいた。考え込むような表情を見せた後に、この日ピッチ上で感じ続けていた違和感を明かした。「ボールタッチがスムーズにいかない。ステップも踏みづらく、変なタイミングで止まってしまう。全然鈍かった」。
 自分の中で原因は分かっている。4月に痛め、回復に向かっていると感じていた左足の状態が、今もしっくりこないのだ。「Jリーグではごまかせたけど(この日は)自分が思っているイメージの通りに体が動かなかった」と嘆いた。国内合宿の開始直前のオフには鹿児島県内の温泉で静養し、コンディション調整に努めてきた。好調時のプレーを集めたDVDを見て、イメージ作りにも励んだが、この日は「全然違った」と出来の悪さを自覚するだけで終わってしまった。
 ベスト4進出を目指す岡田ジャパンは、中村俊をチームの中心に据えて戦ってきた。これまで何度もチームの危機を救ってきた。大詰めを迎え、露呈したコンディションの調整不足はそのまま本大会の結果に結びつきかねない。【松田秀彦】

中村俊輔

1. 中村俊輔 - Yahoo!ニュース

2. 中村俊輔ブログ
3. 中村俊輔 - Wikipedia
4. shunsuke.com http://shunsuke.com/
5. -ShunsukePark- シュンスケパーク サッカースクール JR ...


ワールドカップ

1. 2010 FIFAワールドカップ - Wikipedia

2. 2010FIFAワールドカップ - Yahoo!ニュース
3. W杯 2010南アフリカ大会特集
4. ワールドカップのデータベース【WorldCup's world
5. asahi.com(朝日新聞社):サッカーワールドカップ 2010南アフリカ大会

サッカー

1. スポーツナビ | サッカー

2. Yahoo!スポーツ - サッカー
3. スポニチ Sponichi Annex サッカー
4. 日本サッカー協会ホームページ
5. サッカー : nikkansports.com



posted by エリコ at 16:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中村俊輔
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。