2010年05月27日

【日本代表】W杯開幕まであと3週間。現実的に考える岡田監督解任と後任人事

【日本代表】W杯開幕まであと3週間。現実的に考える岡田監督解任と後任人事スポルティーバ5月26日(水) 16時25分配信 / スポーツ - サッカー

 最悪だ。岡田武史自ら、ついに「責任問題」を口にした。

 これまでにも「岡田を解任すべき」との主張をしてきた立場から言えば、「そら、見たことか」ではある。

 だが、正直なところ、いまさらそんなことを自慢げに言う気にもなれない。なぜなら、こちらが予想した以上に、日本代表が酷い状況に陥っているからである。

 ワールドカップ前に国内で行われる最後の国際試合。韓国に勝ってはずみをつけるどころか、日本代表を取り巻く沈滞ムードをさらに悪化させてしまったのだから、手に負えない。

 信頼だのなんだのと上っ面だけの言葉を並べ、ずっと監督を代えずにきた結果、このざまである。

 プレッシャーが厳しいと、中盤でパスがつながらない? 先制され、守備を固められると厳しい? 世界中のどんなチームだって、大なり小なり、そういうものだ。そんなセリフは、現状分析どころか、言い訳にもなっていない。

 あるいは、岡田がベタ引きで守備を固め、カウンターアタックに勝機を見出すようなサッカーを目指してきたのなら、上のような発言も分からないではない。

 だが、彼が目指してきたのは、強い相手でもポゼッションで圧倒するようなサッカーではなかったのか。本来言うべきセリフは、「守備を固められても、それを崩すために今までやってきた。今日はできなかったが、それを貫くだけだ」ではないのか。

 監督の迷走ぶりを象徴するように、ピッチ上の選手も終始混乱していた。ショートパスをつなぐでも、サイドにボールを集めるでもなく、何をやりたいのかも分からないまま、韓国の前にあっさりと屈した。

 韓国にしても、決してチームとしての完成度が高かったわけではない。それでも、個々の落ち着いたプレイぶりは格が違った。簡単に認めたくはないが、試合開始から15分ほどで、日本との差は明らかになった。

 これでは、岡田から威勢のいい言葉が聞かれるはずもない。

 それどころか、「前半は守備的に戦って、後半ボールを回せる選手を入れるような戦い方も、視野に入れなければならない」などと、耳を疑うような発言の連発。

 揚げ句に、壮行試合恒例である試合後のサポーターへのあいさつもせずに、逃げ帰ってしまうのだから、もはや代表監督としての資格はない。

 だいたい、中途半端に「責任問題」を口にする理由が分からない。自分だけが批判の矢面に立つのを恐れて、「自分は辞めるつもりだったが、会長に慰留されました」とでも言いたかったのだろうか。本当に責任を感じているのなら、四の五の言わず、とっとと辞めればいい話だ。

 さらに言えば、翌日になって「冗談のつもりだった」で事態を収拾しようとするセンスも理解できない。冗談であろうとなかろうと、どちらにしても火に油を注ぐ、最低の言い訳である。

 この期に及んで、チームをどこへ導いていいのか分からず、右往左往するような監督ならいないほうがいい。選手に悪影響を及ぼすことは必至だ。

 ワールドカップ初戦まで3週間足らずのこの時期に、火中の栗を拾ってくれる人を見つけるのは大変だろう。だが、幸いにして(?)、コーチ陣にはJ1での監督経験者がふたりもいる(大木武/甲府、大熊清/FC東京)。外から監督を引っ張ってくるのが難しければ、内部昇格でもかまわない。

 例えば、コーチの大熊はFC東京での監督経験の他に、U−20代表を率いて、ワールドユース選手権で神がかり的な勝利を手にしてきた実績もある。

 このまま岡田に任せるくらいなら、大熊に舵を預けてみるのも悪くない。

浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki


posted by エリコ at 03:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー・岡田ジャパン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。