2010年06月12日

組織が未完、個人技頼みのフランス ウルグアイは強力2トップが鍵

組織が未完、個人技頼みのフランス ウルグアイは強力2トップが鍵6月11日 12時58分配信(ISM)

 2010年W杯が現地時間11日(以下現地時間)に開幕を迎え、グループAではウルグアイとフランスが初戦で激突する。

 フランク・リベリー、ニコラ・アネルカ、ヨアン・グルクフなど一流のタレントがずらりと揃うフランスだが、チームとしての完成度はそれほど高くない。グループリーグ敗退となったEURO2008から組織してどう戦うか固まっておらず、個人に依存する形が少なくない。

 3月3日にはW杯優勝候補のスペインと国際親善試合を行なったが、0対2というスコア以上に内容で完敗。本番直前に行なわれた3連戦では、コスタリカには勝利したものの、チュニジアと引き分けると、実質的にBチームで臨んできた中国相手にまさかの黒星を喫している。

 格下との3連戦でふがいない結果に終わったことで批判の声も強まっている。フローラン・マルダも「われわれには解決しなければいけない問題がたくさんある」と不安を口にする。タレントの質に頼ったサッカーでどこまで突き進めるか。

 一方のウルグアイはW杯で2度の優勝を数える古豪だが、近年は目立った成績を残していない。オスカル・タバレス監督は「フランスとの初戦を落とすと決勝トーナメントに進出するのが難しくなる」と語っており、1990年大会以来となるグループリーグ突破の鍵はフランス戦にあると認めている。

 大事な初戦を制するためにはウルグアイ自慢の2トップの活躍が欠かせない。リーガ・エスパニョーラで得点王に2度輝いたディエゴ・フォルラン、昨シーズンのオランダ・エールディビジで1試合1ゴール以上の驚異的な決定力を見せつけたルイス・スアレスの破壊力は強豪国に勝るとも劣らない。フランスのグルクフも「相手に優れたストライカーがいることは分かっている」と警戒する。彼らふたりが抑えられてしまうようだと、苦戦は免れないだろう。
最終更新:6月11日 12時58分(ISM)

ワールドカップ

1. 2010 FIFAワールドカップ - Wikipedia

2. 2010FIFAワールドカップ - Yahoo!ニュース
3. W杯 2010南アフリカ大会特集
4. ワールドカップのデータベース【WorldCup's world
5. asahi.com(朝日新聞社):サッカーワールドカップ 2010南アフリカ大会

サッカー

1. スポーツナビ | サッカー

2. Yahoo!スポーツ - サッカー
3. スポニチ Sponichi Annex サッカー
4. 日本サッカー協会ホームページ
5. サッカー : nikkansports.com


posted by エリコ at 03:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー・岡田ジャパン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。