2010年06月16日

カメルーン戦、4人に3人が“勝つとは思っていなかった”

カメルーン戦、4人に3人が“勝つとは思っていなかった”
2010年6月16日(水)13時50分配信 オリコン

4人に3人が“勝つとは思っていなかった”カメルーン戦
]
 インターネット調査会社マクロミルは15日、サッカーワールドカップ南アフリカ大会の日本vsカメルーン戦を国内で観たモニター300人を対象に、試合放送直後から15日午後1時まで実施したアンケート結果を発表した。【負けると思っていた】が59.7%、【引き分け】が15.3%で、合算すると“勝つとは思っていなかった”人が75%を占めた。同試合の瞬間最高視聴率は関東が試合終了直前49.1%、関西は本田圭佑が得点した直後の45.3%(ともにビデオリサーチ調べ)と異例の高視聴率だったが、大半の視聴者が勝利を期待してはいなかったという心情が浮き彫りとなった。

 14日深夜、NHK総合で生中継されたサッカーW杯南ア大会。日本がカメルーンを1-0で下し大きな感動を呼んだ1次リーグ初戦だったが、前述の意識調査の結果が示すとおり勝利を期待していなかったのか、喜びと同時に驚きが大きいようで「まさか勝つとは。久しぶりに感激」「批判されても結果を出す岡田監督に脱帽」など、同アンケートには岡田ジャパンを称賛する声が集まった。

 同試合で「活躍した選手」については、勝ち点を決めた【本田圭佑】選手が37.3%で1位。続いてゴールキーパーの【川島永嗣】選手が16.3%で2位、本田選手をアシストした【松井大輔】選手が15.7%で3位となった。また全体の86%のモニターが次のオランダ戦でも日本を「応援したい」と回答している。第2戦となるオランダとの試合は19日(土)午後7時からテレビ朝日系で放送。ゴールデンタイムでの放送とあって、次の試合では視聴者の“勝つと思う”という、より熱い期待が集中しそうだ。

デンマーク紙は日本戦酷評「今大会最低の試合」
ひとつになれた日本代表〜宇都宮徹壱の日々是世界杯2010(6月14日@ブルームフォンテーン)
W杯カメルーン戦視聴率は45.2%=関東地区〔W杯〕

平均7.8キロ…日本「走り勝ち」 岡田指示通り、データ裏付け W杯
)逆境越え、12年後の初勝利=選手の成長喜ぶ岡田監督〔W杯〕

南アW杯 日本、怒とうの攻撃にひるまずカメルーン破る、南アW杯「金髪の異端児」輝き…本田圭佑、初戦で先制点、兄追い掛け、夢への一歩=「何でも競争」−本田選手

日本代表が白星発進、自国以外のW杯で初勝利
日本、カメルーン下す=海外W杯で初勝利―本田が決勝ゴール
南アW杯 日本初戦勝利 カメルーンに10

)NHK野地アナ、W杯実況初白星!日本戦“4度目の正直

W杯開幕戦、瞬間最高視聴率は21・0

カメルーン戦前日 岡田武史監督、長谷部誠会見
本田に賭ける!!カメルーン戦1トップ出陣!!

1. asahi.com - サッカーワールドカップ 2010南アフリカ大会

2. 2010 FIFAワールドカップ - Wikipedia
3. 2010FIFAワールドカップ - Yahoo!ニュース
4. W杯 2010南アフリカ大会特集
5. 2010 FIFAワールドカップ 南アフリカ 全64試合ハイビジョン生中 ...


posted by エリコ at 18:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー・岡田ジャパン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。