2010年06月18日

イグアインがハット!アルゼンチン 韓国に快勝

<南アW杯>アルゼンチンが韓国に完勝 決勝T進出は持ち越し6月17日 20時53分配信(毎日新聞)

【アルゼンチン・韓国】前半、韓国のパク・チュヨンのオウンゴールでアルゼンチンが先制=AP

 サッカーワールドカップ(W杯)南アフリカ大会は17日、1次リーグB組2試合とA組1試合。B組は韓国が、スーパースター、メッシを擁するアルゼンチンと対戦。アルゼンチンがイグアインのハットトリックの活躍などで4−1と完勝し勝ち点を6とした。次の試合、ギリシャ・ナイジェリア戦で、ギリシャが勝ったため、決勝トーナメント進出は持ち越しとなった。

 前半は、自陣に引いてゾーンで守り固める韓国に対し、アルゼンチンは中盤を支配して立ち上がりから押し込んだ。FWのテベスが基点となり、巧みに試合を組み立てて攻撃にいい流れを作った。16分、オウンゴールで先制点を奪うと、33分にはイグアインのヘディングシュートで追加点。以降もディマリアやメッシが決定的なシュートを放ち、一方的に攻め込んだ。攻撃の勢いが生まれない韓国だったが、前半ロスタイム、相手DFの軽率なプレーからボールを奪ったイ・チョンヨンがシュートを決め、1点を返して後半につないだ。

 後半は、韓国が持ち前の流動的なパス回しを見せるようになったことで、前半に比べて攻めの形が生まれ、立ち上がりは互いに決定的な場面を迎える攻防が続いた。しかし、地力に勝るアルゼンチンがメッシの仕掛けなどから再び韓国を押し込む展開に引き戻すと、31分、35分とイグアインが立て続けにゴール。3点差として試合を決め、韓国の反撃を断ち切った。イグアインは今大会初となるハットトリックの活躍だった。【毎日jp編集部】

イグアインがハット!アルゼンチン 韓国に快勝6月17日 19時56分配信(スポニチアネックス)

 W杯南アフリカ大会は17日、ヨハネスブルク・サッカーシティー競技場でB組のアルゼンチン韓国を行い、アルゼンチンが、イグアインのハットトリックなどで4−1と圧勝。連勝で勝ち点を6に伸ばした。

 韓国は初戦からメンバーを入れ替え、チャ・ドゥリに代わってオ・ボムソクが先発。アルゼンチンは、右ふくらはぎを痛めたMFベロンが欠場し、M・ロドリゲスが出場した。

 先制はアルゼンチン。前半17分、メッシのクロスをゴール前のデミチェリスが空振りしたが、パク・チュヨンが痛恨のオウンゴール。前半33分には、M・ロドリゲスのクロスをブルディッソが頭でそらし、フリーになっていたイグアインが頭で決め2−0とリードした。

 前半終了間際に韓国はデミチェリスがもたつく間にイ・チュンヨンがボールを奪いゴール。貴重な1点を返した。

 後半31分、メッシのシュートはポストに当たったが、詰めていたイグアインがこの日2点目。さらに35分にもイグアインがアグエロの折り返しを頭で決めハットトリック達成し、4−1で韓国を圧倒した。

 一躍、得点王候補に名乗りを上げたイグアインは、レアル・マドリード(スペイン)に所属。今季の当初は控えに甘んじていたが、得点を続けることでレギュラーの座を獲得。リーグ戦で27ゴールを挙げ、得点ランキングはメッシの34ゴールに次ぐ2位となった。その勢いをW杯にも持ち込んだ。

 ▼アルゼンチン・マラドーナ監督 選手たちを褒めたい。われわれには23人の優れた選手がいる。練習でこれまでやってきたことを、見せてくれた。

 ▼イグアイン 満足している。チームに貢献できてうれしい。チーム全体がいいプレーをした。

ワールドカップ

1. 2010 FIFAワールドカップ - Wikipedia

2. 2010FIFAワールドカップ - Yahoo!ニュース
3. W杯 2010南アフリカ大会特集
4. ワールドカップのデータベース【WorldCup's world
5. asahi.com(朝日新聞社):サッカーワールドカップ 2010南アフリカ大会

サッカー

1. スポーツナビ | サッカー

2. Yahoo!スポーツ - サッカー
3. スポニチ Sponichi Annex サッカー
4. 日本サッカー協会ホームページ
5. サッカー : nikkansports.com



posted by エリコ at 03:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー・岡田ジャパン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。