2010年06月19日

今夜オランダ戦 「ダーバンの奇跡」誓う

今夜オランダ戦 「ダーバンの奇跡」誓う6月19日 15時17分配信(産経新聞)

 【ダーバン=森本利優】サッカーワールドカップW杯)南アフリカ大会で、日本代表は19日午後1時半(日本時間同8時半)から、ダーバン競技場で1次リーグE組第2戦のオランダ戦を行う。

日本が勝てば、カメルーン−デンマークの結果次第で2002年日韓大会以来、2大会ぶりの決勝トーナメント進出が決まる。

 岡田監督は試合前日の18日、公式会見に臨み、「簡単な試合にならないことは理解しているが、勝つ可能性はあると信じている。その可能性にかけて、チーム全体でチャレンジしたい」と力強く抱負を語った。

 国際サッカー連盟FIFAランキングは日本の45位に対し、オランダは4位。

 14日のカメルーン戦勝利の歓喜の余韻は、すでにない。「あれ以上のことをしないとオランダには通用しない」と玉田。わかっているつもりでも、ミーティング時の映像で見たオランダはやはり強かった。

 昨年9月に親善試合で対戦。日本は敵地でその時点のすべての力をぶつけた。しつこくボールに食らいつき、何度かチャンスも作った。地元ファンはオランダ代表にブーイングを浴びせ、ファンマルウェイク監督に「これまでで最悪の試合」と言わせた。しかし、日本は後半20分過ぎから足が止まり、立て続けに3失点。手応えとともに、「世界との差」を突きつけられた。

 岡田監督は18日の公式会見で、「あれからいろんなチャレンジ、変更をしてきて今になっている。世界と戦うための大きな教訓をもらった」と改めてオランダ側に感謝した。ある意味、日本の「進むべき道の基準」(岡田監督)を示してくれた相手だ。

 だが、勝負となれば、話は別。「(日本選手の)1人1人の力は小さいかもしれないが、1+1を3に。その中には私も入っている」。監督、選手、スタッフの力を総動員し、オランダに挑む構えだ。

 前回対戦後、「今日のストーリーではないストーリーも、十分に描ける可能性がある」と話していた岡田監督は、この日の会見でこう言い切った。

 「ストーリーは試合が終わらないと完成しない。われわれは完成することを信じて戦うだけ。われわれにできることをチャレンジする以外にない」

 その表情からは、ある種の自信が垣間見えた。(森本利優)


今夜オランダ戦 「ダーバンの奇跡」誓う
本田ほえた「この試合で決めるつもり」
さあオランダ戦、岡田監督「厳しい戦いになる」

W杯

1. 2010FIFAワールドカップ - Yahoo!ニュース
2. asahi.com - サッカーワールドカップ 2010南アフリカ大会
3. 2010 FIFAワールドカップ - Wikipedia
4. W杯 2010南アフリカ大会特集
5. 2010年南アフリカW杯 : nikkansports.com

ワールドカップ

1. 2010 FIFAワールドカップ - Wikipedia

2. 2010FIFAワールドカップ - Yahoo!ニュース
3. W杯 2010南アフリカ大会特集
4. ワールドカップのデータベース【WorldCup's world
5. asahi.com(朝日新聞社):サッカーワールドカップ 2010南アフリカ大会

サッカー

1. スポーツナビ | サッカー

2. Yahoo!スポーツ - サッカー
3. スポニチ Sponichi Annex サッカー
4. 日本サッカー協会ホームページ
5. サッカー : nikkansports.com


posted by エリコ at 19:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー・岡田ジャパン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。