2010年06月30日

<南アW杯>日本、PK戦で敗れ8強ならず パラグアイ戦

MF本田「駒さんを責められない」6月30日 6時30分配信(デイリースポーツ)

 「W杯・1回戦、パラグアイ0(5PK3)0日本」(29日、プレトリア)

 敗戦の瞬間を見届けると、MF本田は1人でサポーター席にあいさつにむかい、誰よりも先にピッチを後にした。取材ゾーンに現れると「外した駒さん(駒野)を責められない。内容はどうこういっても仕方ないですね。結果がすべてなんで」と、悔しさをかみ殺すように話した。それでも今大会の日本の快進撃の象徴となった男は「まだサッカー人生は続く。この大会で自分たちに何が足りないかを感じることができた。それをどう4年で積み重ねるか」と、すぐに未来を見据えた。

<南アW杯>日本、PK戦で敗れ8強ならず パラグアイ戦6月30日 1時42分配信(毎日新聞)

サッカーワールドカップW杯)南アフリカ大会は第19日の29日、決勝トーナメント1回戦最後の2試合。1次リーグE組2位の日本(世界ランク45位)は、プレトリアのロフタス・バースフェルド競技場でF組1位のパラグアイ(同31位)と対戦。両者90分間で得点なく、延長戦でも決着が付かず0−0。今大会初のPK戦に突入し、日本が敗れ史上初のベスト8進出はならなかった。パラグアイはベスト4進出をかけ、7月3日午後8時半(日本時間4日午前3時半)の準々決勝で、スペインとポルトガルの勝者と対戦する。

 PK戦で日本は、1人目の遠藤、2人目の長谷部が成功。3人目の駒野が失敗。4人目の本田が成功した。パラグアイは5人が成功し、この時点でパラグアイの勝利が決まった。

 試合は序盤から、パス回しと個人技に勝るパラグアイが主導権を握り、日本はボールを奪っても後ろからのサポートが遅れ、パラグアイの守備につぶされた。後半も中盤で効果的な組み立てが出来ず攻撃が停滞。後半20分、松井に代え、デンマーク戦で1得点している岡崎を投入。36分にはアンカーの阿部を外して中村憲を投入し、攻撃的にシフトして勝負に出たが、堅守にはばまれた。延長後半からは大久保に代え玉田を投入したが、得点を奪うことはできなかった。【毎日jp編集部】

<南アW杯>PK戦で8強の壁…川島、最後止めきれず6月30日 2時35分配信(毎日新聞)

パラグアイ日本】天を仰ぐGK川島

 【プレトリア野村和史】サッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会は第19日の29日、決勝トーナメント1回戦の残り2試合があり、日本(E組2位)は当地のロフタス・バースフェルド競技場でパラグアイ(F組1位)と、ともに初のベスト8進出を懸けて対戦した。試合は0−0のままPK戦にもつれ込み、日本は3−5で惜敗。準々決勝進出はならなかった。

 ◇120分耐えた末に

 120分間の死闘の末のPK戦。パラグアイの5人目のキッカーのシュートが決まった瞬間、青いユニホームの選手たちが、ピッチに崩れ落ちた。史上初のベスト8を目前に、日本の挑戦は幕を閉じた。

 0−0の均衡が続いていた後半36分。岡田監督が勝負のカードを切った。中盤の底で守備のバランスを取っていた阿部に代え、今大会出番のなかった中村憲を投入。入ったポジションはトップ下。「1点を取りに行く」という指揮官のメッセージだった。

 一発勝負のトーナメント戦を前に、闘莉王は「1点の重みが倍以上になる」と話していた。まして、岡田監督就任後の49試合で、日本が逆転勝ちしたことは2度しかない。先制点を絶対に与えたくないのは、選手全員の思い。まずは、しっかり守るとの共通認識を持って試合に入った。

 とはいえ、単に守りに回ったわけではない。選手たちは前半から積極的に前に出続けた。終盤の指揮官の強気の采配(さいはい)を受け、延長に入っても前半9分に本田がFKでゴールを脅かし、後半にも闘莉王が、玉田がゴール前に迫った。得点につなげることこそできなかったが、選手たちは最後まで前に進み続けた。

 国外開催のW杯で初めて挑んだ決勝トーナメント。1次リーグでアフリカと欧州の国を破り、今大会初となった南米勢との対戦。遠藤は「勝つということしか考えていない。それから、歴史とかがついてくる」と話していた。「岡田ジャパン」として節目の50戦目。敗れはしたが、サムライたちの足跡は、アフリカの地にしっかりと刻まれた。【野村和史】

南アW杯 岡田監督が代表監督退任の意向表明6月30日 2時35分配信(毎日新聞)

 【プレトリア江連能弘】サッカーのワールドカップ(W杯)日本代表の岡田武史監督(53)は、29日のパラグアイ戦後の記者会見で、自身の去就について「(日本代表監督を)おそらく、もうやることはないだろう」と話し、今大会限りで代表監督を退任する意向を表明した。

W杯

1. 2010FIFAワールドカップ - Yahoo!ニュース
2. asahi.com - サッカーワールドカップ 2010南アフリカ大会
3. 2010 FIFAワールドカップ - Wikipedia
4. W杯 2010南アフリカ大会特集
5. 2010年南アフリカW杯 : nikkansports.com

ワールドカップ

1. 2010 FIFAワールドカップ - Wikipedia

2. 2010FIFAワールドカップ - Yahoo!ニュース
3. W杯 2010南アフリカ大会特集
4. ワールドカップのデータベース【WorldCup's world
5. asahi.com(朝日新聞社):サッカーワールドカップ 2010南アフリカ大会

サッカー

1. スポーツナビ | サッカー

2. Yahoo!スポーツ - サッカー
3. スポニチ Sponichi Annex サッカー
4. 日本サッカー協会ホームページ
5. サッカー : nikkansports.com


posted by エリコ at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー・岡田ジャパン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。