2010年06月30日

今後は?中村俊輔「もういいよ」とその場を去る

俊輔代表引退最後のW杯結果出せず/日本
2010年6月30日(水)10時1分配信 日刊スポーツ

<W杯:パラグアイ0(5PK3)0日本>◇決勝トーナメント1回戦◇29日◇ロフタス・バースフェルド

 MF中村俊輔(32=横浜)が、日本代表から引退することを明かした。試合後、今後の代表での活動について聞かれると「もういい」と答えた。今大会は年齢的なこともあり「最後のW杯」と位置づけて臨んだが、負傷の影響もあって先発から外れた。不動の司令塔と呼ばれ続けてきたが、「(今大会は)グラウンドで何ひとつ示すことができなかった」と話し、代表から身を引くことを決意していた。



今後は?中村俊輔「もういいよ」とその場を去る6月30日 8時48分配信(スポニチアネックス)

 【W杯決勝トーナメント1回戦 日本0―0(PK3―5)パラグアイ】敗れても、涙は出なかった。岡田ジャパンの終戦を、中村俊輔はピッチの外から見守った。

 大会直前に左足首痛を悪化させレギュラーを外れた。休養したイングランドとの強化試合から、チーム状態が上昇カーブを描きはじめると、出場機会は激減した。W杯2戦目のオランダ戦に途中出場したが、走れず、蹴れず、プレーは精彩を欠いた。

 「自らのサッカー人生の集大成」として臨んだ今大会だったが、出場はこの26分間だけ。「(試合にあまり出られなかったのは)受け止めなきゃしょうがない。力がなかった。無駄な時間はない。これもサッカー人生だから」。声にはどこか割り切った響きがあった。

 今後の日本代表について聞かれると「もういいよ」と言って、その場を去った。話題を打ち切ったのか、それとも代表引退の示唆したのか。いずれにせよ、輝けなかった10番のW杯は終わった。

パラグアイ戦の視聴率は57・3% W杯
<南アW杯>日本、PK戦で敗れ8強ならず パラグアイ戦


タグ:中村俊輔
posted by エリコ at 15:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中村俊輔
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。