2011年01月14日

本田圭、PK決勝弾!日本、2−1でシリア破り勝ち点「4」

本田圭、PK決勝弾!日本、2−1でシリア破り勝ち点「4」サンケイスポーツ 1月14日(金)3時12分配信

後半、勝ち越しのPKを決めた本田圭佑は松井大輔から祝福を受ける=現地時間13日午後、ドーハ・カタールスポーツシティ

 サッカーアジア杯・1次リーグB組第2戦(13日=日本時間14日、カタール・ドーハ)2大会ぶり4度目の優勝を狙う日本はシリアと対戦し、長谷部の先制弾、本田圭のPKで2−1で勝利。勝ち点を「4」に伸ばした。

 初戦と同じメンバーで挑んだ日本は前半、11分に内田のクロスをフリーの前田が頭で合わせたが、ボールはゴール左に外れ、決定機を潰した。シリアの速いカウンターをしのいだ日本は前半35分、ゴール前の混戦から松井がこぼれ球を長谷部にパス。走りこんだ長谷部が落ち着いて右足で先制ゴールを決めた。

 日本の1点リードで始まった後半、シリアは前線の人数を増やし、ゴールを奪いにきたが、日本は冷静に対応。日本は後半20分、香川に代えて岡崎を投入した。

 後半27分、日本はGK川島がレッドカードで退場。10人となった日本は前田に代えてGK西川が入ったが、PKを決められ、1−1の同点に追いつかれた。しかし、後半37分には逆に岡崎がエリア内で倒され、PKを獲得。このPKを本田圭が落ち着いて決め、再び1点リードに変わった。

 ロスタイムは6分と長かったが、日本は10人で守り切り今大会初勝利。苦しい戦いを制して勝ち点を「4」に伸ばし、勝ち点でヨルダンに並んだ。

 初戦で日本と引き分けた同組のヨルダンは、前回大会準優勝のサウジアラビアを1−0で破り、勝ち点を「4」に伸ばした。サウジアラビアは2連敗で1次リーグ敗退が決まった。日本は17日に1次リーグ最終戦でサウジアラビアと対戦する。

本田、圧倒的存在感も「惜しいじゃ意味がない」


posted by エリコ at 05:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー日本代表
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。