2011年01月22日

<サッカーアジア杯>日本逆転4強、伊野波が決勝弾 カタール戦

<サッカーアジア杯>日本逆転4強、伊野波が決勝弾 カタール戦毎日新聞 1月22日(土)0時16分配信

【日本・カタール】後半25分、2点目となる同点ゴールを決め、チームメートと喜ぶ香川

 【ドーハ江連能弘】サッカーアジアカップは第14日の21日、当地で準々決勝の2試合があり、2大会ぶり4回目の優勝を目指す日本(1次リーグB組1位)は、アルガラファ競技場で開催国カタール(A組2位)と対戦。

日本は退場者を出したが、後半44分に伊野波(鹿島)が決勝点を挙げ、3−2で逆転勝ちした。日本は後手に回ったが、香川(ドルトムント)の2得点の活躍で2度にわたって追いついた。

 日本は前半12分に先手を許したが、前半28分、本田圭(CSKAモスクワ)のパスに反応した岡崎(清水)がGKをかわす浮き球でゴールを狙い、最後は香川が頭で押し込んで試合を振り出しに戻した。後半16分、日本は吉田(VVVフェンロ)が自陣ゴール近くで2枚目の警告を受けて退場、そのFKを直後に決められたが、後半25分に香川が2点目を決めて再び追いついた。最後はゴール前で香川が仕掛け、そのこぼれ球を伊野波が押し込み、4大会連続の4強入りを決めた。



posted by エリコ at 04:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー日本代表
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。