2011年07月18日

なでしこジャパン、PK戦を制しW杯優勝 アジア勢で初

なでしこジャパン、PK戦を制しW杯優勝 アジア勢で初CNN.co.jp 7月18日(月)9時42分配信

(CNN) サッカーの女子ワールドカップ(W杯)ドイツ大会は17日、フランクフルトでの決勝戦で日本がPK戦の末に米国を破り、アジア勢で初の優勝を果たした。

前半は米国の攻勢を日本がしのぐ展開だった。後半24分に米国のモーガンが先制ゴールを決めたが、同35分に宮間が同点ゴール。延長前半14分にワンバックのヘディングで米国が再びリードしたものの、同後半に沢が今大会5得点目を挙げて2―2とした。

PK戦では米国が、日本のGK海堀によるセーブ2本など3本連続で失敗、4人目のワンバックだけが決めたのに対し、日本は4人中3人が決めた。

海堀らは試合終了後、チーム全員の努力をたたえ合った。沢は大会得点王となり、最優秀選手(MVP)に選出された。

佐々木監督「粘りで勝ち取ったチャンピオンの座」女子ワールドカップ決勝 米国戦後会見
澤穂希「優勝するシーンしか想像できなかった」=サッカー女子日本代表


posted by エリコ at 11:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。