2013年07月12日

打球直撃の大谷「右頬骨不全骨折」と診断、3日間安静

打球直撃の大谷「右頬骨不全骨折」と診断、3日間安静スポニチアネックス 7月11日(木)20時5分配信

試合前、外野でダッシュを繰り返す大谷の頬に打撃練習のボールが直撃

 11日の練習中に打球が右こめかみ付近を直撃した日本ハムの大谷翔平投手(19)は、仙台市内の病院でCTスキャンによる診察を受けた結果「右頬骨不全骨折」と診断された。球団の公式HPで発表された。

 右頬骨にヒビが入ったものだが、3日間安静にしたのち、痛みなど経過を見て出場可能となる見込み。診察後の大谷はこの日の楽天戦(Kスタ宮城)は欠場し、宿舎で静養した。
.


タグ:大谷翔平
posted by エリコ at 06:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野球
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。