2014年07月30日

香川、マンU“リストラ”候補に! 古巣ドルトムント復帰が浮上

香川、マンU“リストラ”候補に! 古巣ドルトムント復帰が浮上
2014.7.30 08:25 [サッカー海外日本人]

 イングランドプレミアリーグ、マンチェスター・ユナイテッドの日本代表MF香川真司(25)が、今夏の放出候補に入ったと29日付英紙が一斉に報じた。ルイス・ファンハール新監督(62)が余剰戦力の“大量リストラ”を決断。移籍先として古巣のドルトムント(ドイツ)が浮上した。香川は日本時間30日朝、プレシーズン大会「インターナショナル・チャンピオンズ杯」でDF長友佑都(27)が所属するインテル・ミラノ(イタリア)と米ワシントンで対戦する。(サンケイスポーツ)

 一斉報道が英国をにぎわした。「10番(トップ下)が多すぎる」というファンハール新監督が攻撃的MFの人員整理を決断。プレシーズン2試合で力を発揮できていなかった香川を今季構想から外したとの見方を、インディペンデント紙などが伝えた。

 関係者によると、欧州チャンピオンズリーグの出場権を逃した今季は試合数が少ないことで、35人から23人程度まで選手数を減らす意向という。残留し、定位置奪取に挑むことを決断していた香川だが、合流後は慣れないボランチ起用が続く。争いの土俵にも上がれないなら、移籍を選ぶ可能性は高い。
28日付マンチェスター・イブニング・ニュース(電子版)は「ユナイテッドは、(ベルギー代表MF)フェライニと香川へのオファーを聞き入れる」と伝えた。フェライニはすでにセリエA・ナポリと交渉を開始。香川は、FWレバンドフスキが退団した古巣のドルトムントが移籍先の有力候補となる。

 日本時間30日には、DF長友佑都が所属するインテル・ミラノとの対戦が控える。香川は前日、控え組で練習しており途中出場が濃厚。Jリーグ時代を通じて初となる盟友との戦いが、未来への分岐点となりそうだ。


タグ:香川真司
posted by エリコ at 11:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー日本代表
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。