2014年08月29日

「ゼロから始まる新しいプロジェクト」 サッカー日本代表・・アギーレジャパン初陣に本田、長友ら…初選出はF東京・武藤ら5人

「ゼロから始まる新しいプロジェクト」 サッカー日本代表
産経新聞 8月29日(金)7時55分配信


初選出は5人だが、過去に候補合宿などに呼ばれた林と柴崎は代表キャップ0。水本は5、田中と扇原も1と、国際Aマッチ出場5試合以下の選手が10人というフレッシュな顔ぶれ。最初のミーティングで、選手に「ゼロから始まる新しいプロジェクト」と伝えるというアギーレ監督らしい初選考となった。

 「若手、ベテラン、初招集、Jリーグ、海外の区別はしない。私とスタッフが見て意見交換をした結果、質の高い23人ということ」。先入観を排除し能力を評価。実績にとらわれず“旬”の選手にこだわった。

 ブラジルW杯でも主力だった香川、将来性の高い原口を故障で呼べなくなるアクシデントはあったが、代わりに招集した皆川と武藤は伸び盛りのアタッカー。意外に思える選出は、他のJリーガーを刺激する効果も期待できる。

 海外組については、試合感覚を重視してクラブでの定位置確保を優先させる考えもあるが、厳しい立場にある本田らも招集。就任時に「選手はプロ。長旅は障害にならない」と述べた通り特別な配慮はない。

 「代表の一員であることや日本に対する誇りを感じなければいけない。私は、ボールを持っていないときに何をしているかを見ている。走らない選手は代表に呼ばない」

 重要な選考基準に「闘争心」と「献身的なプレー」を挙げるアギーレ監督率いる代表は、いよいよ船出する。(奥山次郎)
.

アギーレジャパン初陣に本田、長友ら…初選出はF東京・武藤ら5人


日本サッカー協会は28日、ハビエル・アギーレ監督(55)の初陣となる9月5日のキリンチャレンジ杯・ウルグアイ戦(札幌)、同9日のベネズエラ戦(日産スタ)に臨む日本代表メンバー23人を発表した。

 初招集は現役慶大生のFW武藤嘉紀(FC東京)、FW皆川佑介(広島)、MF森岡亮太(神戸)、DF松原健(新潟)、DF坂井達弥(鳥栖)の5人。

 欧州組ではFW本田圭佑(ACミラン)らが順当に選ばれたほか、MF田中順也(スポルティング)が名を連ねた。

 26日の試合で脳しんとうを起こしたFW香川真司(マンチェスター・ユナイテッド)は外れた。その他、ブラジルW杯メンバーではFW大久保嘉人(川崎)、MF遠藤保仁(G大阪)、DF今野泰幸(G大阪)、GK権田修一(FC東京)らが外れた。けがを抱えるDF内田篤人(シャルケ)、MF山口蛍(C大阪)も招集を見送られた。
アギーレ・ジャパンのメンバー23人は以下の通り。

 ▼GK 川島永嗣(スタンダール)、西川周作(浦和)、林彰洋(鳥栖)

 ▼DF 水本裕貴(広島)、長友佑都(インテル・ミラノ)、森重真人(FC東京)、吉田麻也(サウサンプトン)、酒井宏樹(ハノーバー)、坂井達弥(鳥栖)、酒井高徳(シュツットガルト)、松原健(新潟)

 ▼MF 長谷部誠(フランクフルト)、細貝萌(ヘルタ)、田中順也(スポルティング)、森岡亮太(神戸)、扇原貴宏(C大阪)、柴崎岳(鹿島)、

 ▼FW 岡崎慎司(マインツ)、本田圭佑(ACミラン)、柿谷曜一朗(バーゼル)、大迫勇也(ケルン)、皆川佑介(広島)、武藤嘉紀(FC東京)

香川を気遣うアギーレ監督「彼は通用すると思う」

 日本サッカー協会は28日、9月5日のキリンチャレンジ杯・ウルグアイ戦(札幌)、同9日のベネズエラ戦(日産スタ)に臨む日本代表メンバー23人を発表した。

 所属するマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)で26日の試合中に脳振とうを起こした香川はメンバーから外れた。アギーレ監督は「最初のリストには入っていた」と、招集するつもりだったことを明かした。

 クラブで出番が少なく、古巣のドルトムント(ドイツ)やスペインへの移籍のうわさが絶えない。指揮官は「スペインリーグはイングランドのリーグとは少し違う。(香川)真司がプレーできるビッグクラブはどちらの国にもある。彼は通用すると思う」と気遣った。(共同)


posted by エリコ at 10:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー日本代表
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。