2014年09月09日

「『勝てる』が見え、集中できなかった」 錦織、悔しさと手応え 一問一答

「『勝てる』が見え、集中できなかった」 錦織、悔しさと手応え 一問一答
2014.9.9 11:10 [テニス]

テニスの全米オープン男子シングルスで準優勝し、記者会見で笑顔を見せる錦織圭=8日、ニューヨーク(共同)
 錦織は悔しさをにじませながら、快挙に手応えも得たようだった。(共同)

 −−敗因は

 「チリッチは何回も勝っている相手。勝てるというのが見えたのも、集中できなかった理由の1つ。ここまで硬くなったのは久しぶり。試合に入り込めなかった。(四大大会で勝つ)チャンスだったので、逃したのは悔しい」

 −−プレー内容は

 「(体が)なかなか速い動きについてこなかった。ずっと迷走している感じ」

 −−世界のトップに近づいた大会だった

 「一番自信になるのはワウリンカやジョコビッチに競り勝つことができたこと。攻撃的な、理想とするプレーになってきている」

 −−体力面が向上した

 「準決勝や決勝は夢の世界だった。自分がどれだけ(体を)つくれば(準決勝や決勝に)行けるのかと思っていたところに(体力面で)到達した」

 −−今後の目標は

 「また決勝に戻ってきたい。やはりグランドスラムで活躍することが目標。また優勝を目指したい」

錦織、準優勝 悲願ならず チリッチに0−3
2014.9.9 09:28 [テニス]

 【ニューヨーク=黒沢潤】テニスの全米オープンは最終日の8日(日本時間9日)、ニューヨークのビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで男子シングルス決勝が行われ、世界ランキング8位の錦織圭(24)=日清食品=が日本選手として四大大会初優勝を懸け、同12位のマリン・チリッチ(クロアチア)と対戦したが、に3−6、3−6、3−6で敗れ、悲願達成はならなかった。しかし、日本選手の決勝進出は1870年代に日本にテニスが伝わってから初めて。快進撃に日本中が沸き立ち、決勝が行われたこの日、各地の盛り上がりは最高潮に達した。

 序盤からチリッチの強烈なサーブと深いリターンに苦しんだ錦織は粘り強いプレーで対抗したが、流れを引き寄せることはできず、力尽きた。チリッチは初優勝。

 今大会の錦織は1回戦で米国選手を下し、2年ぶりに初戦を突破すると、4回戦からは3試合連続で世界のトップ10選手を撃破し、日本選手として1918年の熊谷一弥以来96年ぶりに4強入り。準決勝では、第1シードで世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)を6−4、1−6、7−6、6−3で破るなど旋風を巻き起こした



posted by エリコ at 13:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | テニス・錦織圭
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。