2014年11月12日

錦織 フェデラーにストレートで敗れ準決勝進出に向け1勝1敗<男子テニス>松岡修造氏“愛弟子”錦織の完敗に「ある意味うれしい」


松岡修造氏“愛弟子”錦織の完敗に「ある意味うれしい」
スポニチアネックス 11月12日(水)0時49分配信

 ◇ATPツアー・ファイナル1次リーグB組 錦織圭 3―6、2―6 ロジャー・フェデラー(2014年11月11日 ロンドン・O2アリーナ)
 世界ランキング5位の錦織圭(24=日清食品)は同2位のロジャー・フェデラー(33=スイス)にストレート負け。試合を中継したBS朝日で解説を務めたスポーツキャスターの松岡修造氏(47)は“弟子”の完敗に「ある意味うれしい」と話した。
 松岡氏は「なぜなら、フェデラーと対戦する機会は残り少ない」と、33歳のフェデラーとの対戦機会が貴重なものであることを訴え、「史上最強のプレーヤーが史上最強のプレーをした。それを体験できたことは圭にとって大きい」と強調した。

 さらに「今、圭の心にあるのはラオニッチに勝つこと。そして“もう1度フェデラーとやりたい”と燃えてきているはずですよ」と錦織の胸中を代弁した。

速報】錦織 フェデラーにストレートで敗れ準決勝進出に向け1勝1敗<男子テニス>
tennis365.net 11月12日(水)0時22分配信
ATPワールドツアー・ファイナルズ

男子テニスの上位8選手によって争われる今季の最終戦、バークレイズATPワールドツアー・ファイナルズ(イギリス/ ロンドン、賞金総額650万ドル)は11日、グループBの予選ラウンドロビン2試合目が行われ、第4シードの錦織圭は第2シードのR・フェデラーに3-6, 2-6のストレートで敗れ、準決勝進出に向け1勝1敗とした。

錦織 圭 選手詳細情報

第1セットを1度のブレークから落とした錦織は、第1セットを終え、右手首のマッサージを受け第2セットを続けた。

錦織のサービスで始まった第2セット、第1ゲームをこの試合初めてラブゲームでサービスキープに成功する。

第3ゲーム、4度目のダブルフォルトから15-30とフェデラーにリードを許すと、30-40の場面で再びブレークを許しフェデラーにリードを許す。

第7ゲームでは、フェデラーのブレークチャンスを1度しのぐが最後は5度目のダブルフォルトでこのセット2度目のブレークを許す。

第8ゲームで錦織はブレークチャンスを掴むもフェデラーの好プレーを前に活かすことができず、フェデラーがこのゲームをキープし、1時間9分で敗れた。

両者は5度目の対戦となり、錦織はフェデラーに2勝3敗とした。

今大会グループAにはN・ジョコビッチ、S・ワウリンカ、T・ベルディヒ、M・チリッチがおり、グループBにはR・フェデラー、錦織圭、A・マレー、M・ラオニチが出場している。

予選ラウンドロビンを1勝する度に200ポイントが付与され、各グループの上位2名が準決勝に進出することができ、決勝に進出するとさらに400ポイント、優勝するとさらに500ポイントが付与され、全勝優勝の場合1500ポイント付与される。

また今大会の賞金は出場者に15万5千ドル(約1736万円)、予選ラウンドロビン1勝につき15万5千ドル(約1736万円)、全勝優勝した場合207万5千ドル(約2億3千万円)が与えられる。
.
tennis365.net


posted by エリコ at 06:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | テニス・錦織圭
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。