2007年06月22日

桑田、メジャー初対決でイチローを三振!

桑田、メジャー初対決でイチローを三振! 2回4Kの好投2007年6月22日 (金) 13:13 MAJOR.JP  ピッツバーグ・パイレーツの桑田真澄投手と、シアトル・マリナーズイチロー外野手によるメジャー初対決がついに実現した。21日、敵地セーフコ・フィールドで行われたマリナーズ戦の6回からリリーフ登板した桑田は、7回先頭のイチローを空振り三振に仕留めるなど、2回を1安打、4奪三振、無失点に抑えた。試合は、マリナーズが3−0で完封勝利。桑田には勝敗はつかなかった。

 桑田は0−3で迎えた6回に2番手として登板すると、この回エイドリアン・ベルトレ三塁手からメジャー初三振を奪うなど、マリナーズ打線を1安打で零封。続く7回もマウンドに立つと、イチローの初球は高めのボール球となったが、見逃しストライク、空振りストライクでカウント2−1と追い込むと、最後は外角低めの変化球でイチローを三振に切って取った。その後も、ホセ・ロペス二塁手から3者連続となる三振を奪った桑田は、ラウル・イバネス左翼手もピッチャーゴロに打ち取った。

 一方、「1番・中堅」で先発出場のイチローは、第4打席で桑田に三振を喫したものの、この日4打数2安打、1打点で連続試合安打を16に更新。最初の3打席はセンターフライ、レフトへの二塁打、レフトへの先制のタイムリーで、打率は3割5分8厘に上がった。

 また、城島健司捕手は「5番・捕手」でスタメンマスクをかぶり、4打数1安打。桑田との対戦は実現せず、ショートフライ、センターへのヒット、セカンドフライ、ショートゴロという結果で、打率は3割1分5厘に下がっている。

 マリナーズは、5回にイチローの適時打などで3点を先制すれば、投げてはエースのフェリックス・ヘルナンデス投手が8回を6安打、9奪三振、無失点と力投。最後は守護神J.J.プッツ投手が無失点で締めくくり、パイレーツとの3連戦を2勝1敗と勝ち越した。ヘルナンデスに約1カ月ぶりの白星となる4勝目(4敗)、プッツに20セーブ目がついている。

by MAJOR.JP編集部
(6月22日 14時29分 更新http://mlb.yahoo.co.jp/japanese/headlines/?id=2246352&a=2815


posted by エリコ at 19:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野球
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。