2007年09月20日

中日の岩瀬、史上初の3年連続40S=プロ野球

中日の岩瀬、史上初の3年連続40S=プロ野球
9月19日23時2分配信 時事通信


 中日岩瀬仁紀投手(32)は19日のヤクルト23回戦(神宮)で今季40セーブ目を挙げ、自身の記録を更新するプロ野球史上初の3年連続40セーブを達成した

 岩瀬は一昨年46セーブ、昨年は40セーブを記録し、史上初の2年連続40セーブをマークしていた。岩瀬以外に年間40セーブ以上を記録しているのは、今季43セーブの藤川(阪神)と1998年に45セーブを挙げた佐々木(元横浜)だけ。 

最終更新:9月19日23時2分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070919-00000212-jij-spo

古田監督 19日に引退と退団発表へ

岩瀬 仁紀(いわせ ひとき、1974年11月10日 - )は、中日ドラゴンズに所属する日本人プロ野球選手である。ポジションは投手で、背番号は13番。左投左打。愛知県西尾市出身.
入団以来9年連続で50試合以上登板を記録し続けていて、この間に致命的な故障もなく防御率も常に高いレベルで維持しており、酷使され消えていった過去の多くの投手とは対照的である。今後の活躍によっては1,000試合登板達成や生涯防御率1点台の可能性もある
岩瀬仁紀 - フレッシュアイ ウィキペディア


posted by エリコ at 02:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野球
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。