2007年12月17日

<フィギュア>浅田真央、試練乗り越えまた一つ成長

<フィギュア>浅田真央、試練乗り越えまた一つ成長
12月16日19時45分配信 毎日新聞

浅田真央選手

 フィギュアスケートグランプリ(GP)ファイナル最終日の15日、浅田真央(愛知・中京大中京高)はフリーで巻き返し2位、3季連続のメダルを獲得した。

フィギュアGPファイナル 浅田真央フリーで巻き返した!!

 ◇いろいろな思いが詰まった涙…演技終え浅田

 演技が終わった瞬間、浅田真が泣き出した。前日のSPは二つのジャンプ失敗で最下位に沈んだが、この日はほぼノーミス。「ホッとしたし、疲れたし、うれしい。いろいろな思いが詰まっていた」涙だった。

 冒頭のトリプルアクセル(3回転半)を降りて「気持ちがだんだん楽になった」。ただ一人、3回転連続ジャンプを二つ入れた。序盤に新導入のフリップ−トーループ、後半に得意のフリップ−ループ。3種類のスピンとスパイラルで最高難度のレベル4を獲得するなど、自己ベスト(133.13点)に迫る132.55点を出した。

 前向きな思考で、前日のショックを引きずらなかった。「(首位と)点差は離れていない」と考え、「今季はSPはダメでフリーはいいので、そうなればいい」と信じた。3回転ルッツは誤った踏み切りとしてこの日も減点されたほか、「表情が硬かった」と、表現力でも反省点はあった。それでも見事な立ち直りに「不安だったジャンプを練習通りできた」と喜んだ。

 年齢制限により出場できなかったトリノ五輪と同じ会場。五輪金の荒川静香がSPで使ったショパン作曲「幻想即興曲」のプログラムを演じ切り、「ここで滑れていい思い出になった」。成績は金妍児に次ぐ2位で昨年と同じだが、今回の方が収穫は大きい。試練を乗り越えて得た自信。17歳の少女が、また一つ大きくなった。【来住哲司】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071216-00000051-mai-spo



posted by エリコ at 04:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュアスケート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。