2008年01月08日

「スクールウオーズ」の伏見工、あと一歩届かず 全国高校ラグビー

「スクールウオーズ」の伏見工、あと一歩届かず 全国高校ラグビー
1月7日20時0分配信 産経新聞


 5点が重い。後半ロスタイムに突入後も、伏見工は組織による連続攻撃を仕掛けたが、ゴールラインは遠かった。トライは後半5分に主将のFB井口剛が個人技で中央を切り裂いた1つだけ。高崎監督が「個人に組織で挑む」と表現した試合で、最後まで組織での得点を奪えなかった。

 前半からラインアウトのミスが多かった。後半20分すぎにはゴールラインを越えたが、ボールを着面できずに得点に至らなかった。わずかなほころびが、1トライ(5点)差の惜敗となった。高崎監督は「アタックで詰め切れなかった」と唇をかみ、選手たちはグラウンドに泣き崩れた。

 1981年に伏見工を初の全国制覇に導いた山口総監督はスタンドで観戦。テレビドラマ「スクールウオーズ」の主人公のモデルにもなった“泣き虫先生”こと山口総監督は「グッド・ルーザー(最高の敗者)の称号を与えてやりたい」と目に涙を浮かべ、選手たちを強く抱きしめた。(田中充)

最終更新:1月7日20時1分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080107-00000949-san-spo


posted by エリコ at 02:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | ラグビー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。