2008年01月28日

大相撲初場所:白鵬、朝青龍を破り6回目の優勝 千秋楽

大相撲初場所:白鵬、朝青龍を破り6回目の優勝 千秋楽
朝青龍(左)を上手投げで破り3場所連続6回目の優勝を決めた白鵬=両国国技館

 大相撲初場所(東京・両国国技館)は千秋楽の27日、結びの一番で東横綱・白鵬(22)=本名・ムンフバト・ダバジャルガル、モンゴル・ウランバートル市出身、宮城野部屋=が、西横綱・朝青龍(27)=本名・ドルゴルスレン・ダグワドルジ、同市出身、高砂部屋=を豪快な上手投げで破り、14勝1敗で3場所連続6回目の優勝を果たした。

 両横綱はともに1敗で千秋楽を迎えた。横綱同士の相星対決は02年秋場所以来。国技館は満員御礼となった。昨年夏のサッカー騒動による異例の2場所出場停止処分が明けた朝青龍は、22回目の優勝は逃したものの復活をアピールした。

 白鵬は「うれしい。思った通りの相撲が取れた。緊張感が力になった」と笑顔。朝青龍は「やることはやった。さっぱりした」と話した。【野上哲】
http://mainichi.jp/enta/sports/news/20080128k0000m050011000c.html

日本相撲協会公式サイト http://www.sumo.or.jp/


posted by エリコ at 03:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 相撲・朝青龍

2007年09月25日

朝青龍、復帰へ意欲=高砂親方が横審で報告−大相撲

朝青龍、復帰へ意欲=高砂親方が横審で報告−大相撲
9月24日19時31分配信 時事通信


 大相撲の横綱審議委員会(海老沢勝二委員長)は24日、東京・両国国技館で定例会合を開き、日本相撲協会から出場停止処分を受けてモンゴルで帰国療養中の横綱朝青龍(26)について、師匠の高砂親方(元大関朝潮)から現状報告などがあった。記者会見した海老沢委員長によると、同親方は「本人は(処分明けの)来年初場所を目指し、体調を整えていきたいと言っている」と、朝青龍が復帰の意欲を示していることを明言したという。
 高砂親方は朝青龍が精神面では順調に回復し、現在は腰とひじの治療に専念していること、日本に戻って謝罪会見を開くことを望んでいることも報告。海老沢委員長は「本人がそういう意向なら、現在の心境やどういう反省をしているのか、誠心誠意述べるようお願いしたい」と要望した。日本へ戻る時期ははっきり示されなかったという。
 秋場所で横綱昇進後初の優勝を飾り、朝青龍不在の穴を埋めた白鵬に対し、委員からねぎらいの声もあった。 

最終更新:9月24日19時31分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070924-00000068-jij-spo

内館横審委員が朝青龍に引退勧告9月12日
朝青龍、カゼひいて温泉療養を回避:
posted by エリコ at 03:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 相撲・朝青龍

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。