2011年03月28日

東北は初戦敗退…昨春4強の大垣日大が2回戦へ/センバツ

東北は初戦敗退…昨春4強の大垣日大が2回戦へ/センバツサンケイスポーツ 3月28日(月)11時8分配信

6回、大垣日大に7点目を許したところで、東北・上村は夏井康吉にマウンドを譲った=28日、甲子園

 第83回センバツ高校野球大会第6日(28日、甲子園)第1試合は東日本大震災の被災地から出場の東北(宮城)と明治神宮大会ベスト4の大垣日大(岐阜)が対戦。東北は0−7で敗れ、1回戦敗退となった。

 東北は初回、いきなりエース上村が大垣日大の強力打線に集中打を浴びた。先頭の畑に初球を豪快に右翼スタンドに運ばれ1点、さらに高田、野々部らにも適時打を許し、この回一挙5点を失った。

 二回以降も攻撃の手を緩めない大垣日大打線に、毎回のように安打を許した上村。中盤は粘り強い投球で追加点を与えなかったが、六回にダメ押しとなる2点を失った。14安打を浴び5回2/3でマウンドを降りた。

 反撃したい打線は、大垣日大のエース葛西の前に沈黙。二回、三回に二、三塁まで走者を進めたが、チャンスであと1本が出なかった。九回に2安打を放ち一、二塁としたが無得点に終わり、4安打で完封負けを喫した。

 大垣日大は自慢の強力打線が初回に爆発。一挙5点を奪い、試合の主導権を握った。東北の投手陣から先発全員安打となる17安打の猛攻を見せ、7点を挙げた。先発の葛西は変則フォームから緩急を巧みに使い、東北打線を翻弄。4安打完封で勝利に貢献した。



posted by エリコ at 17:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 選抜高校野球

2011年03月24日

天理、序盤に猛攻!大館鳳鳴に完勝で初戦突破/センバツ

天理、序盤に猛攻!大館鳳鳴に完勝で初戦突破/センバツサンケイスポーツ 3月24日(木)11時9分配信

3回裏、一死一、二塁から天理・長谷川が左前適時打を放つ=甲子園

 第83回センバツ高校野球大会第2日(24日、甲子園)近畿大会の覇者で4年連続21度目出場の強豪・天理(奈良)が21世紀枠で初出場の大館鳳鳴(秋田)を8−0で下し、2回戦へ駒を進めた。

 天理の強力打線が序盤に爆発した。二回まで無安打だったが、三回は森口、長谷川の連続適時打、柳本の満塁走者一掃三塁打などで一挙7点、四回にも長谷川が適時打を放ち加点。前半で8点のリードを奪い試合を決めた。

 投げては、先発の中谷が大館鳳鳴打線を翻弄。四死球でピンチを作ることもあったが、7回5安打無失点の好投を見せた。八回からはエース西口が登板。八回には連打を浴び、九回は四死球で走者を背負ったが、2イニングを無失点に抑えた。天理は2人の継投で、今大会完封一番乗りとなった。

 大館鳳鳴は、先発・斎藤が早々と天理打線に捕まった。強打を誇る強豪相手に二回までは無安打に抑えていたが、三回に集中打を浴びて7失点で降板。打線は二回に一死満塁の先制チャンスを逃し、リズムに乗れなかった。

東日本大震災」死者・行方不明者2万4124人 警察庁
posted by エリコ at 16:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 選抜高校野球

2010年08月13日

鹿児島実、先発全員23安打15点で能代商に大勝!

鹿児島実、先発全員23安打15点で能代商に大勝!8月13日13時8分配信 サンケイスポーツ

 第92回全国高校野球選手権第7日(13日、甲子園)第2試合は鹿児島実(鹿児島)が先発全員安打の23安打で15点を奪い能代商(秋田)を15−0で破った。

 鹿児島実は一回表、相手のエラーで1点を先制。二回表には亀甲の適時二塁打、用皆の適時二塁打などで一挙4点を追加した。さらに三回表にも2点、四回表にも1点を加え、序盤で大量リードを奪った。

 8点リードでも攻撃の手を緩めない鹿児島実は、六回表にも猛攻。4番川崎が右翼線に2点三塁打、6番揚村、8番関山も適時打を放ち一挙5点を追加し、先発全員安打の23安打で能代商投手陣から15点を奪った。

 投げては、先発の用皆が五回まで1人の走者も出さないパーフェクトピッチング。六回裏、一死から西方に左翼線二塁打を打たれたが、8回を投げ2安打、10奪三振、無失点の好投。能代商打線を封じた。

 能代商は一回から守備のミスで失点。エラーから試合の流れをつかめず、大敗となった。

九州学院、強打で山形中央破り2回戦突破!渡辺が完封8月13日15時56分配信 サンケイスポーツ

 第92回全国高校野球選手権第7日(13日、甲子園)第3試合は九州学院(熊本)が初出場の山形中央(山形)を7−0で破り、2回戦を突破した。

 九州学院は三回裏、3番山下がチーム初安打となる左越えの適時二塁打を放ち1点を先制。さらに二死満塁から相手のミスで1点を加え、この回2点を先制した。四回裏には一死二、三塁から溝脇がスリーバントスクイズを決め、リードを3点に広げた。六回裏は長打で猛攻。一死一、三塁から溝脇が右中間を破る2点三塁打、萩原も2点三塁打を放ち、山形中央を突き放した。

 投げては、先発の渡辺がボールを低めに集める丁寧なピッチングで山形中央打線を翻弄。大きく落ちる変化球、キレのある速球で最後まで的を絞らせなかった。

 山形中央は二回表に四球、相手のエラーなどで得た無死二、三塁のチャンスで無得点。先制点を逃し、試合の流れを完全に九州学院に持っていかれた。

 先発した横山は制球が定まらず6回を投げて8四死球。序盤は粘りの投球を続けたが、六回裏に三塁打3本で一挙4失点。センバツに続いて初戦で敗退となった。
posted by エリコ at 21:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 選抜高校野球

2009年01月23日

<センバツ>出場32校決まる 慶応、早実が初めて同時出場

<センバツ>出場32校決まる 慶応、早実が初めて同時出場
2009年1月23日(金)16時50分配信 毎日新聞


 第81回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催)の選考委員会が23日、大阪市北区の毎日新聞大阪本社であった。

 「21世紀枠」には、利府(宮城)、彦根東(滋賀)、大分上野丘(大分)の3校が選出された。また、一般選考では慶応(神奈川)、早実(東京)、PL学園(大阪)など29校の出場校が決まった。慶応と早実が同時に出場するのは初めて。

出場校は以下の通り

■北海道 鵡川

■東北 光星学院(青森)・花巻東(岩手)

■関東 下妻二(茨城)・高崎商(群馬)・前橋商(群馬)・習志野(千葉)・慶応(神奈川)

■東京 国士舘・早稲田実・

■東海 掛川西(静岡)・中京大中京(愛知)

■北信越 日本文理(新潟)・富山商(富山)・

■近畿 福知山成美(京都)・PL学園(大阪)・金光大阪(大阪)
天理(奈良)・箕島(和歌山)・報徳学園(兵庫)

■中国 倉敷工(岡山)・南陽工(山口)・開星(島根)

■四国 西条(愛媛)・今治西(愛媛)・

■九州 清峰(長崎)・明豊(大分)・神村学園(鹿児島)・興南(沖縄)

■21世紀枠 利府(宮城)・彦根東(滋賀)・大分上野丘(大分)

1. 第80回選抜高校野球大会 - 春はセンバツから

2. 財団法人日本高等学校野球連盟
3. 2008 夏の高校野球 - Yahoo! スポーツ
4. 選抜高等学校野球大会 - Wikipedia
5. asahi.com(朝日新聞社):高校野球
posted by エリコ at 18:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 選抜高校野球

2008年08月08日

夏の高校野球 金沢が快勝 桐生第一は10安打も拙攻響く

夏の高校野球 金沢が快勝 桐生第一は10安打も拙攻響く8月7日13時40分配信 毎日新聞

金沢−桐生第一七回表金沢1死三塁、佐々木がスクイズを決める(捕手・三上)

 第90回全国高校野球選手権記念大会(日本高校野球連盟、朝日新聞社主催)第6日の7日、第2試合は金沢(石川)が効率的な攻撃で、桐生第一(群馬)を6−1で降した。

 ○金沢(石川)6−1桐生第一(群馬)●

 金沢が効果的に得点し快勝した。二回1死一、三塁、元井のスクイズで先制すると、五回は佐々木の左越え三塁打などで2点。終盤にもスクイズなどで加点し、継投で逃げ切った。桐生第一は金沢を上回る10安打を放ったが、2度の本塁憤死など拙攻が響いた。

 ▽金沢・浅井純哉監督 犠打やタイムリーなど、春から練習してきたことが、すべて出せた。継投もうまく決まった。二回に無安打で先制も大きかった。

 ▽桐生第一・福田治男監督 安打数は上回っていたのに、攻撃がチグハグだった。結果は伴わなかったが、選手たちは野球に集中してくれた。 

 〇…金沢の1番打者・佐々木が、大事な場面で活躍した。2四球の後、五回に左越え適時三塁打で勝ち越し点を奪い、七回にはスクイズを成功させて貴重な4点目を挙げた。さらに二塁打で出塁した九回、6点目のホームを踏んだ。「いいところで打席が回ってきて、与えられた仕事がうまくできた。うれしい」。会心の試合運びに貢献した喜びを語り、「全力で投げている投手陣を打って助けたかった。次も自分の役割をきっちりこなし、勝利に貢献したい」と白い歯をみせた。

 〇…安打数で金沢を上回りながら、打線がつながりを欠いた桐生第一。自らは3安打した主将・鈴木は、「バント失敗やタッチアップの(判断)ミスなどで、流れを失った」と悔しがった。九回2死一、二塁で巡ってきた第5打席は中飛に倒れ、試合終了。それでも、試合後は「全員で戦えたのでうれしい。小さいころからのあこがれの場所で、プレーできたことに感謝します」。晴れ晴れとした表情だった。

 六回、金沢・山本の打球がセンターへ伸びる。桐生第一の中堅手・富田は「(スタンドに)入るか」と思いながらも懸命にバック。振り返りざまに跳び上がって左手を伸ばし、ボールをグラブの中へ。そのままフェンスに激突したが、決して離さなかった。1年生の時から毎日練習していた、努力の成果を大舞台で発揮した。

 打撃でも、三回に中越え二塁打を放ち、チームでただ一人、ホームを踏んだ。「負けたくなかった。でも、ここまでやってきてよかったです」。最後の夏を充実感で締めくくった。

★★★

<夏の高校野球>各校の実力きっ抗、優勝争いは混戦模様&<夏の高校野球>桐生第一高の出場認める…高野連

桐生第一高、甲子園出場へ=高野連、1日に判断−野球部員逮捕

<夏の高校野球>昨年Vの佐賀北が予選敗退

★★★

asahi.com(朝日新聞社):夏の甲子園 第90回全国高校野球選手権記念大会 http://www2.asahi.com/koshien/

Sports@nifty 高校野球関連ニュース http://sports.nifty.com/koshien/

ABC 第90回全国高校野球選手権記念大会 http://koshien.asahi.co.jp/

高校野球@2ch掲示板 http://sports11.2ch.net/hsb/

NHK 甲子園 2008 : 第90回 全国高校野球選手権大会 http://www3.nhk.or.jp/koushien/
posted by エリコ at 03:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 選抜高校野球

2008年08月02日

<夏の高校野球>各校の実力きっ抗、優勝争いは混戦模様&<夏の高校野球>桐生第一高の出場認める…高野連

<夏の高校野球>各校の実力きっ抗、優勝争いは混戦模様8月1日19時39分配信 毎日新聞


 2日開幕する第90回全国高校野球選手権記念大会

今春のセンバツ4強のうち、夏に戻ってきたのは千葉経大付(西千葉)だけ。

残る3校は地方大会で姿を消した。各校の実力はきっ抗しており、優勝争いは混戦模様だ。

 そうした中で軸となりそうなのが、木更津総合(東千葉)▽常葉菊川(静岡)▽浦添商(沖縄)の3校だ。

木更津総合は右の淡路、左の田中の二枚看板が安定。打線も3番で主将の佐伯、4番・地引らを中心につながりがあり、投打ともにハイレベル。春の関東大会で東海大相模、横浜を倒して初優勝の実績がそれを裏付ける。

 常葉菊川は昨春優勝を経験した選手が多く残り、総合力は高い。なかでも、春は不調だった左腕・戸狩の復調は大きい。打線も優勝メンバーの1番・酒井、3番・町田、5番・前田らは長打力もあり破壊力十分だ。

 浦添商はセンバツを制した沖縄尚学を破っての出場。右腕・伊波は140キロ台後半の速球のほかに変化球の制球もよく、気迫の投球でチームを引っ張る。

 春の近畿大会を制した福知山成美(京都)は初戦で常葉菊川と対戦。京都大会のチーム打率は4割4分3厘で、特に7割2分2厘をマークした1番・生駒や昨秋の4番から2番に回った植田らを中心に打線は強力だ。

 昨夏準優勝の広陵(広島)は、昨年のメンバー7人が残る。広島大会決勝では7点差をひっくり返すなど、粘り強さは昨年以上。速球派の中田、背番号1の前田、左の森宗という3枚の継投で乗り切る。足の速い1番・上本ら機動力のある攻めも魅力。

 広陵と同じブロックでは、浦和学院(南埼玉)と横浜(南神奈川)が一回戦で対戦。
試合巧者の浦和学院横浜の左腕・土屋の対決は興味深い。

 智弁和歌山(和歌山)は主砲の坂口が和歌山大会4本塁打と調子を上げる。

対する済美(愛媛)は6番まで左を並べた打線で勝負。

好投手を擁する報徳学園(東兵庫)、千葉経大付慶応(北神奈川)などの戦いぶりにも注目が集まる。

★★★


<夏の高校野球>桐生第一高の出場認める…高野連8月1日16時8分配信 毎日新聞

 野球部員が強制わいせつ容疑で逮捕された桐生第一高(群馬県桐生市)について、日本高校野球連盟は1日、全国理事会で第90回全国高校野球選手権記念大会(2日開幕)への同校の出場を認めることを決めた。

桐生第一高、甲子園出場へ=高野連、1日に判断−野球部員逮捕

★★★

asahi.com(朝日新聞社):夏の甲子園 第90回全国高校野球選手権記念大会
http://www2.asahi.com/koshien/

NHK 甲子園 2008 : 第90回 全国高校野球選手権大会
http://www3.nhk.or.jp/koushien/

阪神甲子園球場
http://www.hanshin.co.jp/koshien/

http://eriko0223ss.seesaa.net/article/103975728.html
posted by エリコ at 06:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 選抜高校野球

2008年08月01日

桐生第一高、甲子園出場へ=高野連、1日に判断−野球部員逮捕

桐生第一高、甲子園出場へ=高野連、1日に判断−野球部員逮捕7月31日19時31分配信 時事通信


 全国高校野球選手権大会(甲子園球場)に群馬県代表として出場が決まっていた私立桐生第一高校の2年生野球部員1人が強制わいせつ容疑で群馬県警太田署に逮捕された問題で、日本高校野球連盟の西岡宏堂審議委員長は31日、出場を直ちに差し止める必要はない、との判断を示した。

1日の全国理事会で最終的な措置を決めるが、同校も出場を希望しており、認められる方向だ。

 同委員長は「行為は重いが、事件に関与したのは部員1人。最近、同様の例で対外試合を差し止めたことはない」と話した。

野球部員の強制わいせつ事件は一昨年に兵庫、栃木、富山3県であったが、対外試合禁止処分にはなっていない。

 桐生第一の高橋昇校長は同日夕、学校で記者会見し「参加させていただけるならありがたい」と語った上で、日本高野連の判断に従う考えを示した。

同校はこれに先立ち、野球部責任教諭が日本高野連を訪れ、事件を報告。

教諭は「現在分かっている範囲の報告をした。選手は動揺している。」と話した。

 桐生第一は昨年まで春夏の甲子園大会に11度出場し、1999年夏に全国優勝している。 
posted by エリコ at 08:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 選抜高校野球

2008年07月13日

<夏の高校野球>昨年Vの佐賀北が予選敗退

<夏の高校野球>昨年Vの佐賀北が予選敗退7月12日11時44分配信 毎日新聞

 第90回全国高校野球選手権記念大会の佐賀県予選3回戦で12日、昨年の優勝校・佐賀北が1−2で鳥栖工に敗れた。

 七回に2点を先制された佐賀北はその裏に1点返したが、追加点を挙げることができなかった。

佐賀北高へ寄付続々 甲子園優勝 「感動した」2000件超す
佐賀北・副島「幸せです」/夏の甲子園
佐賀北が5―4で広陵を下し初優勝 8回に逆転満塁HR
佐賀北、逆転満塁弾で初優勝/夏の甲子園
佐賀北、劇的逆転で栄冠=広陵、3度目の決勝も涙−高校野球ミラクル佐賀北が初優勝/夏の甲子園
posted by エリコ at 03:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 選抜高校野球

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。