2010年08月15日

輝き戻った!俊輔、J3044日ぶりFK弾

輝き戻った!俊輔、J3044日ぶりFK弾8月15日7時51分配信

 J1第18節第2日(14日、清水1−2横浜M、アウスタ)横浜Mの日本代表MF中村俊輔(32)が後半8分、左足FKで決勝点。02年4月以来3044日ぶりとなるJ1でのFK弾で、清水を2−1で下した。

 “伝家の宝刀”は、さびついてはいなかった。俊輔がJ復帰後初めて直接FKをけり込み、前節首位の清水を沈めた。

 1−1の後半8分、右斜めの位置からゴールまで約22メートル。短い助走から力みなく左足を振り抜くと、3枚の壁の上を越えて、飛びつく相手GK西部の両手の先を抜けた。「腰がよく回って足にも乗った」。ボールは鮮やかにゴール右隅に吸い込まれた。

 J1では02年4月13日の広島戦(アウェー)以来、実に3044日ぶりのFK弾。自らの存在を支えてきたFKでの得点がよほどうれしかったのか、俊輔は左足をたたいて喜んだほどだ。

 前日の全体練習終了後に、70本ものFK練習を行った。最近はFKの際に、壁との距離が近いのが気になっていた。現役時代にFKの名手だった木村監督は試合前、両チーム監督らがそろうミーティングで西村主審に対し、壁との距離をしっかり歩測するように要請。俊輔のFK時に同主審はきっちりと壁を下げた。「あれも効いたかな。気持ちいいし盛り上がるよね、あいつが決めると」とFKアーティストの先輩・木村監督もにこやかだった。

 前半早々にも俊輔は右サイドを突破し、右足でMF兵藤の先制点をアシスト。全得点に絡む存在感を見せつけた。主役が決め、チームは約5カ月ぶりの2連勝。「こういう試合の後が大事。次、負けたら意味がない」。よみがえった32歳のベテランが、マリノスを引っ張る。


タグ:中村俊輔
posted by エリコ at 19:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中村俊輔

2010年07月04日

木村監督の撤回要請も…俊輔、代表引退変わらず

木村監督の撤回要請も…俊輔、代表引退変わらず7月3日 9時17分配信(スポニチアネックス)

クラブハウスを訪れた横浜・中村は代表引退の決断は変わらないことを強調

 W杯南アフリカ大会を最後に日本代表から引退することを表明した横浜のMF中村俊輔(32)は2日、横浜市内のクラブハウスを訪れ、木村和司監督(51)と会談。代表で同じ10番を背負った大先輩から引退撤回を要請されたが「代表(引退)は個人的なことで(他の人に)何を言われても変わらない」と決断は変わらないことを強調した。

 面談に先立って、指揮官は「次のW杯を目指す方がかっこいいぞと。撤回せえと(伝える)」と説得に強い決意を示していたが、会談後は「何もないよ。俊輔に聞いて」と言葉少な。中村も「(監督は)分かってくれたと思う」と硬い表情で話した。

 中村は会談後、クラブハウス内でエアロバイクなどで約1時間汗を流した。6日まで休養した後、7日からチームに合流する予定で、11日の清水との練習試合(マリノスタウン)が“復帰戦”となる見通し。「(木村監督と)タイトルを獲るために頑張りましょうと(話した)」。悲しみや悔しさは胸にしまい込み、中村が新たなスタートを切る

今後は?中村俊輔「もういいよ」とその場を去る
)中村俊輔、代表引退表明…「します」
タグ:中村俊輔
posted by エリコ at 06:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中村俊輔

2010年06月30日

今後は?中村俊輔「もういいよ」とその場を去る

俊輔代表引退最後のW杯結果出せず/日本
2010年6月30日(水)10時1分配信 日刊スポーツ

<W杯:パラグアイ0(5PK3)0日本>◇決勝トーナメント1回戦◇29日◇ロフタス・バースフェルド

 MF中村俊輔(32=横浜)が、日本代表から引退することを明かした。試合後、今後の代表での活動について聞かれると「もういい」と答えた。今大会は年齢的なこともあり「最後のW杯」と位置づけて臨んだが、負傷の影響もあって先発から外れた。不動の司令塔と呼ばれ続けてきたが、「(今大会は)グラウンドで何ひとつ示すことができなかった」と話し、代表から身を引くことを決意していた。



今後は?中村俊輔「もういいよ」とその場を去る6月30日 8時48分配信(スポニチアネックス)

 【W杯決勝トーナメント1回戦 日本0―0(PK3―5)パラグアイ】敗れても、涙は出なかった。岡田ジャパンの終戦を、中村俊輔はピッチの外から見守った。

 大会直前に左足首痛を悪化させレギュラーを外れた。休養したイングランドとの強化試合から、チーム状態が上昇カーブを描きはじめると、出場機会は激減した。W杯2戦目のオランダ戦に途中出場したが、走れず、蹴れず、プレーは精彩を欠いた。

 「自らのサッカー人生の集大成」として臨んだ今大会だったが、出場はこの26分間だけ。「(試合にあまり出られなかったのは)受け止めなきゃしょうがない。力がなかった。無駄な時間はない。これもサッカー人生だから」。声にはどこか割り切った響きがあった。

 今後の日本代表について聞かれると「もういいよ」と言って、その場を去った。話題を打ち切ったのか、それとも代表引退の示唆したのか。いずれにせよ、輝けなかった10番のW杯は終わった。

パラグアイ戦の視聴率は57・3% W杯
<南アW杯>日本、PK戦で敗れ8強ならず パラグアイ戦
タグ:中村俊輔
posted by エリコ at 15:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中村俊輔

2010年06月21日

天国?地獄?デンマーク戦が32歳誕生日の中村俊

天国?地獄?デンマーク戦が32歳誕生日の中村俊6月21日 12時26分配信(デイリースポーツ)

 【サッカー日本代表 インサイドレポート】

 「誰でも山あり、谷あり。日のあたらないときほど頑張らなくちゃいけない」

 6月20日、前日のオランダ戦に先発しなかった選手たちは、南ア2部リーグのチームと30分×2本の練習試合を行なった。 

 この試合の1本目に出場した中村俊輔は、5-0と快勝した試合後に冒頭のようにコメントした。

 岡田監督が守備的な布陣を引いたことで、先発の座を失った。複雑な思いとの戦いが続いたに違いない。

 メディアの前でも無言の姿勢を貫いた。笑顔でミックスゾーンを歩く姿からは、彼の葛藤の大きさが伝わってきた。

 ネガティブな感情を持つことは簡単だ。しかし、そういう気持ちが生まれれば、チームにも悪影響を与えかねない。もちろん、自分自身にとってもマイナスになることはあっても、プラスにはならない。そんなことは長い現役生活で痛感している。
「日本が勝つために」
 気持ちが折れないよう、その思いにしがみついた。
「カメルーン戦の勝利は嬉しかったけど、100倍悔しかった」
 大会前から「とにかく勝ちたい」と繰り返してきた。悲願が達成できたが、そのピッチに立つことはできなかった。“悔しい”という言葉だけでは表現できない思いだったはずだ。
 現在の守備的な戦い方に異を唱える気持ちは微塵もない。6月19日、途中出場したオランダ戦後には、「日本がW杯で勝つんためには、この戦い方がいい」と話している。
 守備に人数をかけたぶん、松井や大久保など、パスを受けて、仕事をするアタッカータイプの選手を前線に置き、攻撃は個人技に頼らざるをえない。そんな現在のサッカーでは、パスで味方を生かす俊輔にとって、ポジションは同じでも、自身の武器を生かすのは難しい。パスは受け手がいて初めて生きるのだから。
 オランダ戦、後半35分、闘莉王からのパスを受けて、タメを作り、敵陣サイドに生まれたスペースへ絶妙のパスを送ったが、サイドバックの長友が受けきれなかった。
 岡田監督は1点リードされた後半、俊輔に続き、玉田、岡崎を投入。前半から守備に重きを置いた戦いから、攻撃のギアを入れる交代だった。
「1-1に出来ればよかったけれど、相手が相手だから2-0、3-0となってしまっては意味がない」と俊輔は守備への意識も捨てなかった。最小失点で試合を終わらせるためにリスクを冒すことを避けたと言ってもいい。後半42分、その俊輔がボールを奪われ、ピンチにもなったが、オランダのスーパーサブであるエリアに決定的な仕事をさせなかった。
 1-0で試合を終えたことで、有利な立場でデンマークとの最終戦を迎えることができる。
「デンマーク戦は総力戦になる。途中出場の選手も含めて、ワン・プレーで流れが変わる。その一瞬のために今、頑張っている」
 現実から逃げることはできない。今はそれを受け入れ、最善の行動を選択する。時には自身の感情を封じ込めることもあるだろう。ストレスも溜まるに違いない。
 デンマーク戦の6月24日は32歳の誕生日。「どんな誕生日になっているんだろうね」と大会前に話していた俊輔。
 派手なお祝いができればいいが、もしも最悪の誕生日になったとしても、この試練はこれからの人生に、非常に大きなものを与えてくれるだろう。
 中村俊輔は、躓(つまず)いたり、壁にぶつかったことを“無駄”にはしない。
彼のサッカー人生も「山あり谷あり」だった。だからこそ、彼は進化し、成長できたのだ。(寺野典子)

トルシエ氏 10点満点で9点 遠藤はもっとアグレッシブに
日本代表―オランダ戦視聴率は最高55・4%
posted by エリコ at 18:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中村俊輔

2010年06月20日

初登場、流れ変えられず=気持ち切り替える中村俊〔W杯〕

初登場、流れ変えられず=気持ち切り替える中村俊〔W杯〕6月20日 0時52分配信(時事通信)

 日本をずっと支えてきた司令塔が今大会、初めてピッチに立った。後半19分に松井に代わって投入された中村俊は「0―1で攻めないといけないけど、0―2、0―3にされては意味がない。難しかった」と振り返った。
 25分には右CKをけり、36分には長友にスルーパスを送ったものの、試合勘が狂っていたのか、いまひとつタイミングが合わない。それでも、徐々に試合を組み立て、終盤には岡崎がゴール前で相手GKと1対1になるこの日最大のチャンスも生まれた。
 今大会は厳しい立場に置かれた。チームが中盤の守備に人数を割き、堅守速攻を目指す中で、慣れ親しんできた居場所をなくした。初戦のカメルーン戦ではピッチに立つことができなかった。それでも、もどかしい思いを抱えながら、チームの攻撃強化に思いをはせた。
 結局、追いつくことはできなかったが、手応えもあった。「下を向いている暇はない。(途中出場の3人で)仕事はできた。次も役割を全うしたい」。背番号10を背負う31歳は、最後のデンマーク戦にすべての力を注ぎ込む構えだ。(ダーバン時事)

posted by エリコ at 06:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中村俊輔

2010年06月17日

南アW杯 中村俊、試練の場に…戦術変更、まだ出番なし

南アW杯 中村俊、試練の場に…戦術変更、まだ出番なし6月16日 20時41分配信(毎日新聞)

【日本・カメルーン】後半、途中交代した松井をベンチで迎える中村俊=南アフリカ・ブルームフォンテーンのフリーステート競技場で2010年6月14日、

 主役になるはずだった背番号「10」、MF中村俊(横浜マ)が、もがいている。痛めた左足首の状態も含め、調子は上向いてきている。ポジションを争った本田(CSKAモスクワ)はFWに移った。しかし、出番は得られていない。自身2度目、集大成にもなるW杯は試練の場となった。

 カメルーン戦に向けて公式練習が行われた13日。全体練習後、居残ってFKやシュートを繰り返した中村俊は、ゴールを決めると2枚重ねした練習着の一枚を脱ぎ、右手でグルグルと回しては走り回り、「喜び」を表現した。普段は公式戦でゴールを決めても、派手な振る舞いはしない。ともすれば折れそうになる自らを、奮い立たせようとしているかのようだった。

 その日、「頑張ります」と一言だけ報道陣に告げて臨んだ翌14日のカメルーン戦。ピッチ脇で体を動かしながら出番を待ったが、声はかからなかった。

 ボールを支配し、攻撃的に展開するこれまでの戦術では、ピッチを広く使って緩急をつけられる中村俊が最も重要な役割を担う立場だった。だが、最近の日本代表が採用する「堅守速攻スタイル」ではスピードや縦への突破力が求められ、中村俊が入るポジションには大久保(神戸)や松井(グルノーブル)が入った。

 「(敵陣の)ゴール前までパスを回して行くことはそんなにない。『守って速攻』しかない。今までのサッカーは結構しづらい。自分が外に開いてパスをもらっても、周りに味方がいてくれないと意味がない」と、悩みを打ち明けたこともある。それでも「自分の良さを出し、大事な『駒』になれるようにしたい」と、今の立場を受け止めて取り組む。

 勝利の翌15日。カメルーン戦の先発11人以外の選手が練習に参加し、それぞれが報道陣の待つ取材エリアを通って宿舎に戻るバスに乗り込んだが、ただ一人、コメントを拒んで通り過ぎたのが中村俊だった。上向くチーム状態と、その中での自分の存在。口を開けば、自分を支える何かが崩れてしまうのかもしれない。だが、それを乗り越えることこそが、エースナンバーを背負う者の宿命だ。【江連能弘】

posted by エリコ at 08:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中村俊輔

2010年06月12日

岡ちゃん決断!スーパーサブで俊輔投入

岡ちゃん決断!スーパーサブで俊輔投入6月12日7時51分配信 サンケイスポーツ

スーパーサブでゴールに導く! 居残り練習も行った俊輔は「代打オレ」宣言

 MF中村俊輔(31)=横浜M=が、14日のW杯1次リーグ初戦・カメルーン戦に向けて『代打オレ』を宣言した。岡田武史監督(53)は先発確実なMF本田圭佑(23)=CSKAモスクワ、FW大久保嘉人(28)=神戸、MF松井大輔(29)=グルノーブル=の攻撃陣について「3人だけで90分とは思っていない」とし、後半勝負のポイントとしてスーパーサブで俊輔を投入する作戦を決断。復調急な黄金の左足が、カメルーン撃破のカギを握る。

 まさに「代打オレ」宣言だった。W杯前最後の対外試合として行われた10日の練習試合・ジンバブエ戦を振り返り、俊輔がカメルーン撃破の構想をぶち上げた。

 「あとから入って流れを変える人って、別に足が速いとか、ガンガン行くとか、守備をする人とかだけじゃない。リズムをよくするというのもある。大事なコマになれるようにしたい」

 自らを「リズムを変える人」とし、固定概念を覆すスーパーサブとして生きる道を見いだした男の表情は、ここ数日とは違い、晴れやかだった。

 左足首痛で調整が遅れていたが、練習試合には控え組の2本目で出場し軽快な動き。岡田監督から「ご覧の通り、戻っている」と完調宣言も飛び出した。さらに「3人だけで90分いけるとは思ってない」と先発が有力な1トップの本田、左右MFの大久保、松井という3人の攻撃陣の途中交代も明言した。

 指揮官は運動量の多い3人がまず相手をかき回し、後半に勝負をかける作戦を周囲に伝えたという。0−0だったジンバブエ戦の“正当化”かもしれないが、俊輔の『代打起用』を決断したことは事実だ。

 引いて守るカウンター戦術に転換する中で求められるのは、疲れでマークの緩んだ相手のスキを突く縦パス1本でのゴールだ。だからこそ、チーム随一のパス精度を誇る男に白羽の矢が立った。ジンバブエ戦でもこれまでの右MFから、左足でゴール前にピンポイントパスを送りやすい左MFを主戦場とした。

 「今の状態だとゴール前で何回もパスをつなげないので、左からピンポイントで出したり、1トップにボールが入ってきたら近付いて(得点を)狙う」と、イメージは完成している。

 「今は(前線が)“3本の矢”みたいになっているから、ひとりアクセントをつける選手がキーになる。ここまで来ればスタメン、サブは意識ない。チームを良くするためにやる」

 練習試合後は約30分の居残り練習を行い、完全オフの11日も宿舎のジムやプールで汗を流した。後半勝負のカギは『代打俊輔』。復調著しい黄金の左足が、カメルーン戦で本来の輝きを放つ。

中村俊輔

1. 中村俊輔 - Yahoo!ニュース

2. 中村俊輔ブログ
3. 中村俊輔 - Wikipedia
4. shunsuke.com http://shunsuke.com/
5. -ShunsukePark- シュンスケパーク サッカースクール JR ...


ワールドカップ

1. 2010 FIFAワールドカップ - Wikipedia

2. 2010FIFAワールドカップ - Yahoo!ニュース
3. W杯 2010南アフリカ大会特集
4. ワールドカップのデータベース【WorldCup's world
5. asahi.com(朝日新聞社):サッカーワールドカップ 2010南アフリカ大会

サッカー

1. スポーツナビ | サッカー

2. Yahoo!スポーツ - サッカー
3. スポニチ Sponichi Annex サッカー
4. 日本サッカー協会ホームページ
5. サッカー : nikkansports.com

FIFA

1. FIFA.com - F?d?ration Internationale ...

2. 国際サッカー連盟 - Wikipedia
3. FIFA.com - F?d?ration Internationale ...
4. FIFAワールドカップ - Wikipedia
5. Fifa

★★★

5児の母親、堀ちえみが再び離婚していた
posted by エリコ at 11:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中村俊輔

2010年05月28日

中村俊、左足首の不安ぬぐえず=イングランド戦出場は微妙―サッカー

中村俊、左足首の不安ぬぐえず=イングランド戦出場は微妙―サッカー〔W杯関連〕5月28日 16時49分配信(時事通信)

 【ザースフェー(スイス)時事】サッカーワールドカップ(W杯)南アフリカ大会へ向け当地で直前合宿を行っている日本代表にあって、MF中村俊輔(横浜M)の表情がさえない。痛めている左足首が思うように回復しないためだ。日本代表に欠かせない攻撃の司令塔だが、スイス合宿後初の強化試合となる30日のイングランド戦(オーストリア・グラーツ)を欠場する可能性も浮上してきた。
 国内最後の強化試合、24日の韓国戦(埼玉スタジアム)では好パスを出せず、シュートも0本のまま後半18分で退いた。韓国戦後に左足首に注射を打った。26日の、スイス合宿初日の練習は途中から別メニューで調整した。「立っていると足首の後ろが痛い」という状態だった。
 27日午前は全メニューをこなした。左足首は「韓国戦よりはよくなった。1日休むだけでもだいぶ違う」と話したが、ハーフコートで行った11対11のミニゲームは、1本目はゲームから外れ、2本目は控え組のMFでプレー。イングランド戦の出場の可能性を問われると「うーん、どうかな」と口ごもった。
 それでも、27日午後のシュート練習では、周囲の不安をかき消すように力強く左足を振り抜いた。「足首うんぬんと言っている場合ではない。一番はメンタル」。間近に控えた本大会開幕へ、背番号「10」は辛抱強く時を過ごしている。 

中村俊輔

1. 中村俊輔 - Yahoo!ニュース

2. 中村俊輔ブログ
3. 中村俊輔 - Wikipedia
4. shunsuke.com http://shunsuke.com/
5. -ShunsukePark- シュンスケパーク サッカースクール JR ...


ワールドカップ

1. 2010 FIFAワールドカップ - Wikipedia

2. 2010FIFAワールドカップ - Yahoo!ニュース
3. W杯 2010南アフリカ大会特集
4. ワールドカップのデータベース【WorldCup's world
5. asahi.com(朝日新聞社):サッカーワールドカップ 2010南アフリカ大会

サッカー

1. スポーツナビ | サッカー

2. Yahoo!スポーツ - サッカー
3. スポニチ Sponichi Annex サッカー
4. 日本サッカー協会ホームページ
5. サッカー : nikkansports.com

posted by エリコ at 20:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中村俊輔

2010年05月26日

中村俊輔が戦線離脱 決断迫られる岡田監督


中村俊輔が戦線離脱 決断迫られる岡田監督
5月26日9時22分配信 産経新聞

 26日未明に羽田空港を飛び立った日本代表メンバーのなかで、中村俊輔(横浜M)は青ざめた表情で無言のまま特別機に乗り込んだ。岡田武史監督(53)によると、左足首痛を自ら訴え、直前合宿のスイスでは主力組を外れ、別メニューでの調整となる。この期に及んでの戦線離脱。W杯本番に向け、成果の上がらない攻撃陣がコンビネーションを構築する最後のチャンスの直前合宿に参加できないなら、岡田監督も「決断」を迫られることになる。

■特集■ 「ベスト4目指す」も… “進退伺”発言に岡田JAPAN大丈夫?

 岡田監督によると、別メニューの調整となるのは、中村俊と、右太もも裏炎症のDF闘莉王(名古屋)。24日の韓国戦に先発した中村俊は以前から痛めていた個所を悪化させたらしく、岡田監督は「もう少しきっちりと治したいようだ」と語った。

 だが、長く同じメンバーでDFラインを作ってきた闘莉王と、中村俊とでは事情が違う。ただでさえ、新エースとして期待される本田(CSKAモスクワ)とは、まったくコンビが合っていない。韓国戦でも互いに孤立し、機能せず、2人の同時起用そのものにも疑問の声があがっていた。そうした不安を一掃するための最後のチャンスが、スイスで行われる直前合宿であり、イングランド、コートジボワールと戦う親善試合だった。

 中村俊が「足を治したい」と岡田監督に直訴したのは、出発直前だったという。ドクターストップではなく、こうした時期に自ら離脱を申し入れるのは異例中の異例。左足首痛は中村俊にとって古傷で、韓国戦後には「チームに迷惑をかけた。リーグ戦ではだましながらやってきたけど、代表戦ではダメだった」と、完敗の理由に自らの故障の影響をあげていた。

 間近に迫ったW杯本番で、コンビ練習も果たせない中村俊をぶっつけ本番で使うか、中村憲剛(川崎)ら別の司令塔で勝負をかけるか、岡田監督はぎりぎりまで判断を迫られることになる。


中村俊輔

1. 中村俊輔 - Yahoo!ニュース

2. 中村俊輔ブログ
3. 中村俊輔 - Wikipedia
4. shunsuke.com http://shunsuke.com/
5. -ShunsukePark- シュンスケパーク サッカースクール JR ...


ワールドカップ

1. 2010 FIFAワールドカップ - Wikipedia

2. 2010FIFAワールドカップ - Yahoo!ニュース
3. W杯 2010南アフリカ大会特集
4. ワールドカップのデータベース【WorldCup's world
5. asahi.com(朝日新聞社):サッカーワールドカップ 2010南アフリカ大会

サッカー

1. スポーツナビ | サッカー

2. Yahoo!スポーツ - サッカー
3. スポニチ Sponichi Annex サッカー
4. 日本サッカー協会ホームページ
5. サッカー : nikkansports.com

posted by エリコ at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中村俊輔

2010年05月25日

「積み上げてきたものが消えてきている」中村俊輔=サッカー日本代表

「積み上げてきたものが消えてきている」中村俊輔=サッカー日本代表5月25日 2時37分配信(スポーツナビ)

 サッカー日本代表は24日、埼玉スタジアムでワールドカップ・南アフリカ大会前の国内最後の強化試合となる韓国戦に臨み、パク・チソンのゴールとパク・チュヨンのPKで0−2の敗北を喫した。
 以下は、試合後の中村俊輔(横浜FM)のコメント。

「今まで積み上げてきたものがちょっとずつ消えてきている。カウンターが怖いからといって、サイドハーフとサイドバックが連動して上がる今までのスタイルが全くなくなってしまった。1回、ハセ(長谷部)とおれがダイレクトでやったようなプレーが、前はポンポンってあったんだけど。監督が言ったことがすべてじゃなくて、そこらへんは臨機応変に。オランダ戦の時もそうだけど、回せるのが自分たちの強みだった。サイドの連動だったり、FWとの連動とか。それプラス、カウンターに気をつけるってのがテーマだったのに、サイドバックも上がらなかったし、結局(DF)4枚で回しているだけっていう。
 あとは1トップになったから、オカちゃん(岡崎)1人だから。2トップだと誰かが引いて誰かが裏とか、タマ(玉田)とかも引いてきてパス回しに参加したりしていたけど、できなくなってきている。出しどころがないから遅攻にならざるを得ない。なってもいいけど、今日の感じだと遅攻じゃ崩れない。(中盤で回す位置が低い?)向こうだってそうだけど、2トップがサイドバックの裏に出たりとかそういう動きがある。戦術は何が正解とかないけど、そこで(日本の)サイドバックとストッパーが引き付けられて、ルーズボールがボランチのところに落ちて2次攻撃されている感じ。
 基本的に向こうはスピードも技術もすべて上回っていた。これからもそういう相手とやるんだから、今までやってきたことをやらないと。(本田がトップ下に入ってまだ時間が足りない?)個人としてはあそこが一番やりやすいと思う。でもボールの回りは前よりポンポンっていうのが消えている。(どうしたら生かせるか?)メンバー発表の時は(本田が2トップの)前だった。岡ちゃんが後ろに下がって(相手の)ボランチのところで追い回す感じだったけど……。見ないでもボール回しができるように、誰かが受け取ったらサイドバックがオーバーラップし始めてとか、そういうのがね。前の良さが消え始めている

俊輔「最悪」エースはく奪危機/親善試合
2010年5月25日(火)10時0分配信 日刊スポーツ

<キリンチャレンジ杯:日本0−2韓国>◇24日◇埼玉

 MF中村俊輔(31=横浜)が本大会に向けて不安を露呈した。司令塔として右MFに入ったが、決定機をつくり出すどころか、攻撃の起点として機能しなかった。痛めていた左足が万全ではなく、プレー全体にキレがなかった。試合後には「今日の出来は論外。最悪です」と激しく落ち込んでいた。
 中村俊は精彩を欠いたまま、後半18分に交代を命じられた。岡田監督は「運動量が落ちたから」と説明したが、この日の中村俊は、明らかに攻撃のブレーキとなっていた。ピッチを出る際の表情には達成感のかけらもなく、うつむいたままベンチに戻った。
 動きにキレがなかった。後半11分、FW大久保からのロングパスをゴール前中央で受けた。シュートに持ち込もうと体を反転したが、ターンにスピードがなく、体のバランスを崩してしまい、相手DFにボールを奪われた。その2分後にはボールをキープできず、相手にカウンター攻撃のチャンスを与えてしまった。
 右サイドに大きく張り出して攻撃の起点になろうとした。しかし、出足の早い韓国の中盤に球際の強さを発揮され、DF長友やMF長谷部へのパスが通らない。得意の大きなサイドチェンジのパスを放つ機会もなく、ボールをもらいに来たMF本田やFW岡崎とも呼吸が合わない場面があった。
 試合後は、ぼうぜんとしたような表情でプレーを振り返るしかなかった。「今日の出来は論外。最悪です」と言ってうつむいた。考え込むような表情を見せた後に、この日ピッチ上で感じ続けていた違和感を明かした。「ボールタッチがスムーズにいかない。ステップも踏みづらく、変なタイミングで止まってしまう。全然鈍かった」。
 自分の中で原因は分かっている。4月に痛め、回復に向かっていると感じていた左足の状態が、今もしっくりこないのだ。「Jリーグではごまかせたけど(この日は)自分が思っているイメージの通りに体が動かなかった」と嘆いた。国内合宿の開始直前のオフには鹿児島県内の温泉で静養し、コンディション調整に努めてきた。好調時のプレーを集めたDVDを見て、イメージ作りにも励んだが、この日は「全然違った」と出来の悪さを自覚するだけで終わってしまった。
 ベスト4進出を目指す岡田ジャパンは、中村俊をチームの中心に据えて戦ってきた。これまで何度もチームの危機を救ってきた。大詰めを迎え、露呈したコンディションの調整不足はそのまま本大会の結果に結びつきかねない。【松田秀彦】

中村俊輔

1. 中村俊輔 - Yahoo!ニュース

2. 中村俊輔ブログ
3. 中村俊輔 - Wikipedia
4. shunsuke.com http://shunsuke.com/
5. -ShunsukePark- シュンスケパーク サッカースクール JR ...


ワールドカップ

1. 2010 FIFAワールドカップ - Wikipedia

2. 2010FIFAワールドカップ - Yahoo!ニュース
3. W杯 2010南アフリカ大会特集
4. ワールドカップのデータベース【WorldCup's world
5. asahi.com(朝日新聞社):サッカーワールドカップ 2010南アフリカ大会

サッカー

1. スポーツナビ | サッカー

2. Yahoo!スポーツ - サッカー
3. スポニチ Sponichi Annex サッカー
4. 日本サッカー協会ホームページ
5. サッカー : nikkansports.com

posted by エリコ at 16:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中村俊輔

2010年03月01日

俊輔横浜復帰「スペイン経験生かしたい」

俊輔「戻ってうれしい」バーレーン戦後に合流
2010年2月28日(日)19時58分配信 読売新聞

 サッカーJ1・横浜Mに復帰した日本代表MF中村俊輔(31)は28日、入団記者会見を本拠地の日産スタジアムで行い、「無事戻って来られて非常にうれしい。クラブがもっと強く、大きくなることに貢献したい」と語った。

 背番号は「25」に決まった。中村はこの日に帰国。「帰りの飛行機では、向こう(スペイン)で結果を残せなかった悔しい思いもあった」と心情を明かしたが、「僕は高い壁に当たらないと伸びないタイプ。今後のプレーでまだ伸びると思うし、(スペイン移籍が)失敗だとは思わない」とも語った。

 中村は1日に日本代表合宿に合流、バーレーン戦(3日・豊田)後にチームに合流する。

俊輔横浜復帰「スペイン経験生かしたい」
2010年2月27日(土)9時52分配信 日刊スポーツ

 横浜とエスパニョールは26日、日本代表MF中村俊輔(31)の横浜復帰が決まったと発表した。

横浜の嘉悦朗社長(54)がこの日、バルセロナ市内の本拠地コルネジャースタジアムを訪れ、中村同席の上で契約書にサインした。クラブ間合意に達していたため会談はスムーズに終了し、正式に完全移籍が決まった。8年ぶりのJリーグ復帰、そして6月のW杯に照準を合わせ、初めて公の場で胸中を明かした。

 中村 前向きな移籍ととらえ、ここ(スペイン)でやってきたことを次に生かしたい。そうじゃないと意味がない。W杯もあるし、マリノスで成長できるようにしたい。

 そんな中村に対し、チームメートも温かなエールを送った。MFデラペーニャは「エスパニョールのユニホームを着た中でも、技術、力のある選手だった。W杯での成功を祈っている」と別れを惜しめば、FWルイス・ガルシアは「とてもいい男だった。エスパニョールのために力を貸してくれた。日本でもプレーを楽しんでほしい」と話した。中村は28日に帰国し、日産スタジアムで記者会見、サポーターへのあいさつに臨む。(山本孔一通信員)

俊輔、8年ぶりの日本復帰も波乱含み マリノスOBからも心配の声
2010年2月27日(土)17時0分配信 夕刊フジ

 サッカーJ1横浜F・マリノスが26日、日本代表MF中村俊輔(31)をスペインのエスパニョールから完全移籍で獲得したと発表した。契約期間は3年で移籍金は120万ユーロ(約1億5000万円)。中村にとっては8年ぶりの日本復帰となる。

 背番号は1997年に横浜に入団したときの「25」になる予定で、Jリーグ復帰戦は3月13日のホーム開幕戦(対湘南)が濃厚だ。

 しかし、昨季は横浜入団寸前まで行きながら、土壇場でスペインリーグへの移籍を決めた中村。スペインでは今季わずか13試合出場で無得点と不振を極めた。チームに貢献しないままの移籍決定。昨夏、中村獲得のために奔走したエスパニョールのプラネス・スポーツディレクターは「何も言うことはない」と渋い表情。チーム内では「素晴らしい選手というのはわかる。でも言葉も覚えないし、コミュニケーションをとろうとしなかった」と批判的な声が圧倒的だった。

 また、マリノスOBからも「今からJリーグに戻ってきて大丈夫なのか?」という声も。というのも、横浜は3月6日に開幕するリーグ戦にむけてすでにチーム編成は完了。中村用のポジションとして空いているのは、本職のトップ下(攻撃的MF)ではなく、ボランチ(守備的MF)しかない。

 そんな中、横浜はVIP待遇で中村を迎える。28日に日産スタジアムで凱旋(がいせん)会見を行い、そのあとファンへあいさつするという。紆余(うよ)曲折の末、何とか元のサヤに収まった格好だが、ポジション問題など波乱含みだ。

中村俊輔に「起爆剤」期待…横浜M・木村監督
2010年2月27日(土)20時24分配信 読売新聞

 サッカー日本代表MF中村俊輔(31)のJ1・横浜M復帰決定を受け、木村監督は27日、「彼も試合に飢えていると思うので、チームのやり方を理解して、ぜひ早く出てほしい」と歓迎した。中村は28日に帰国、本拠地の日産スタジアムで入団記者会見を行い、サポーターにお披露目される。

 監督が期待するのは、若手台頭の起爆剤としての役割。「若いスターが出ないといけないし、それが日本の力になる。ミーティングでも『いい競争相手ができた』と話したし、いい影響を与えてくれるだろう」と話した。日本代表の同僚でもあるDF中沢も「クラブでも一緒にやれるのはいいこと。代表だとケガや(欧州からの移動の)疲れでコンディションのいい時があまりないから」と喜んだ。「お客さんも増えるし、練習の姿勢は若い選手の参考になる」と波及効果を期待した。

posted by エリコ at 06:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中村俊輔

2009年06月29日

斎藤社長引責減俸!俊輔獲り失敗の理由は明かさず…横浜M

斎藤社長引責減俸!俊輔獲り失敗の理由は明かさず…横浜M6月28日8時0分配信 スポーツ報知

 横浜Mの斎藤正治社長(59)が日本代表MF中村俊輔(31)の獲得失敗の責任を取り、自身の役員報酬を7か月50%減俸することが27日、分かった。交渉決裂の経緯についてこの日、クラブ職員に対して2度目の説明会を実施。斎藤社長は「すべて代表である私の責任であると、みなさんにお伝えした」とし、全責任を負って減俸処分を受ける考えを示した。

 23日の説明会では明確な原因が明らかにされず、紛糾。この日も最終交渉で俊輔サイドとの信頼関係が崩れた理由に関して詳細な説明はされなかったが、「年俸については合意に至っていた。その他の条項の部分」(斎藤社長)と前回よりも踏み込んだことで一定の理解を得た模様だ。

 クラブ内では前代未聞の失態に斎藤社長の進退を問う声も上がっていたが、失墜したクラブイメージや信頼の回復が最重要課題となり、クラブトップの減俸処分だけで一応の決着を見ることになった。一方でチーム強化に不慣れな斎藤社長、狩野真一取締役らが交渉をこじらせたことを問題視する見方も強く、今後は各部門の担当者に権限を委譲する動きが加速していく見通しだ。

俊輔、エスパニョール決定「一片の悔いもない」

エスパニョール入りが決まった中村俊輔 

日本代表MF中村俊輔(30)が、スペイン1部10位のエスパニョールに移籍することが正式決定した。22日、横浜Mに断りを入れ、仮契約を済んでいた新天地とサインという運びになった。10年W杯南アフリカ大会までの進化に世界最強リーグを選んだ俊輔が勇躍、念願の夢舞台に突き進む。一方、横浜Mの斎藤正治社長らクラブ役員は交渉決裂の責任を問われ、進退問題に発展する可能性が出てきた。

 ついに「エスパニョール俊輔」が誕生した。

 「スペインに行くよ。どんな選択になろうとも、自分の人生には一片の悔いもない。これまでも日々試行錯誤してきた。それはどこに行っても変わらない。人生修行だから」

 10年来の夢だったリーガ・エスパニョーラ移籍をかなえ、不退転の決意を語った。

 この日、国内で静養中の司令塔に代わり、代理人のロベルト佃氏が横浜Mの松本喜美男チーム統括本部長と直接会談を持った。

 「横浜Mにはオファーを出していただいてありがたい。スペインとプレミアは世界最高峰。W杯までレベルアップするために本人の夢だったスペインでチャレンジすることに決めました」。こう語った佃氏は、一時は正式契約寸前だった横浜M側に断りを入れると、すでに仮契約を結んでいたエスパニョール側に状況を説明。俊輔のサイン後、契約書は23日にも新天地に届く。セルティックとの4年契約は満了となるため移籍金はゼロ。2年契約で年俸は推定税抜き2億円となる。

 「最近はバルセロナの試合しか見ていないぐらい」。昨季終盤に語っていた俊輔は、高度な技術をベースに緻密(ちみつ)な連動性を追求する欧州王者とリーガ・エスパニョーラの研究を日夜続けていた。

 スペイン勢とは、欧州CLでは07〜08年に決勝トーナメントでバルセロナと、昨季は1次リーグでビジャレアルとそれぞれ2試合激突。Rマドリードがブラジル代表カカとポルトガル代表C・ロナウドを獲得するなど、世界最高のタレントが集まる厳しい環境だと知っている。「欧州CLでバルサとビジャと戦ったけど、サッカーそのものが選手全員の体に染み込んでいると感じた。まるでドイツW杯で対戦したブラジル代表のよう。国やリーグによってサッカーが違う。まずはそこに順応し、その中で自分の色を出していきたい」と語った日本最高のエースは、来月10日にも新天地に出発する。世界を、そして、スペインを驚かせる覚悟を胸に秘めて。

 ◆エスパニョール 1900年創設。ホームタウンはカタルーニャ州バルセロナ市。スペイン国王杯優勝4回、2006年UEFA杯準優勝。01年1〜6月には元日本代表FW西沢明訓(現C大阪)も在籍した。08〜09シーズンは10位。本拠地はエスタディオ・オリンピコ・デ・モンジュイック(5万6000人収容)だが、現在、バルセロナ郊外に新スタジアムを建設中。監督は元アルゼンチン代表のマウリシオ・ポチェッティーノ氏。

posted by エリコ at 03:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中村俊輔

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。